写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年04月22日 (木) | 編集 |
P1140374.jpg  P1140375.jpg
楠川分れから少し行って、11時8分、三代杉に到着。
三代杉というのは、右の画像の説明を読んでもらえば分かると思いますが、一代目の上に二代目、二代目の上に三代目が生えている杉です。
上に乗っかるのは、亀だけじゃなかったんですね!w

P1140377.jpg12時5分、仁王杉。

登山開始から約5時間弱、同行者の口数は減り、歩みも遅れるようになりました。
これまでスティックのお菓子や飴などでごまかしてきたけれど、そろそろご飯を与えてエネルギーチャージをしないとダダを捏ねだすかも知れない・・・。(←完全に子供扱い)


P1140379.jpg  P1140378.jpg  
12時22分、ついに大株歩道入口にたどり着きました!
ここから先に、縄文杉をはじめとする大きな屋久杉がたくさんあるのです。

ちなみに右の画像の看板が縄文杉日帰り登山者の方への注意書きです。
「ここを遅くとも午前10時までには出発してください」
「縄文杉から遅くとも午後1時までに引き返してください」とあります。

時刻は午後12時半。
今からここを登り始めるのは、山小屋泊まりの人だけです。
大株歩道入口付近はトイレもあって休憩する場所もあるので、お弁当を食べている人やお昼ねをしている人がたくさんいたのですが、みんな下りて来た人ばかりのようで、これから登る人は見る限り私と同行者の2人だけ。
自分がマイノリティであることに、なんかちょっと不安になってしまいました。
だって・・・
女の子だもん!(←古いかーw)

P1140380.jpg10時57分の楠川分れから約1時間半ほど、ずーーっとトロッコ道でしたが、この先はこんな風にまたバラエティ豊かな登山道になります。
私はこの道を見てワクワクしたのですが、同行者は見るからに不安そうな表情です。
お腹が空いているから余計に弱気になってしまうのかも、と思い、ここで食べる?と訊くと、お弁当はウィルソン株まで我慢すると言うので、トイレだけ済ませて先へ進むことにしました。

P1140381.jpg12時47分、翁杉。
確かに大きな杉なのですが、白谷雲水峡からずっと大きな木やへんてこな木、くぐれる木などを見ていたせいか、ただ木が大きいというだけじゃ、だんだん感動しなくなってきました><

P1140382s.jpg12時53分、ついに!ウィルソン株に着きました。
ウィルソン株は豊臣秀吉が島津藩に命じて伐採した株で、分析では樹高42mだそうで、切り倒されなければ縄文杉より大きく屋久島で最も高い木だったかもしれないという、とても立派な株です。
なんでウィルソン?って思ったら、植物学者アーネスト・ウィルソン博士が洞窟と思って雨宿りしたという話があるらしくw
中が空洞になっていて、入れるのです。

P1140385.jpg  P1140386s.jpg
ウィルソン株の内部と、株内の特定の場所で撮れるウィルソン・ハート。
内部は広く小川もあり、上部から差し込む光がとてもきれいです。

P1140389s.jpg暗くて分かりづらいですが、立って撮ってもらった写真です。
ハートと人を一緒に撮るのはちょっと大変です。(撮る人がねw)

P1140384.jpg13時、ウィルソン株にてやっとお昼ご飯です。
お弁当は1人2個買ってあるのですが、小さいほうは明日の朝ごはんにするとして、大きいほうをガッツリ行くことにしました。
島むすびさんのお弁当は、おにぎり2個+スイーツか、おにぎり3個のお弁当かを選べます。
私はスイーツ付きにしたのですが、大好きな柏餅が入っていたので幸せでした♪

P1140395.jpg  P1140396.jpg
お弁当を食べたら元気になったので、こんな岩の道や階段のある道も楽しく進むことができました。
まだまだアップダウンのキツイ登山道が続きます。


(その3につづく)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。