写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年05月19日 (水) | 編集 |
P1150289.jpgクオカで買い物をしたら、ギモーヴと生キャラメルのキットがオマケで付いてきたので、早速、前から作ってみたかったギモーヴを作ってみました。

ギモーヴ(生マシュマロ)を作ったのは初めてですが、こんなに簡単に出来るとは思いませんでした。
それに、美味しい!

ゼラチンなどの重さを測っておいたので、今度はキットじゃなくて、自家製濃縮イチゴを使ってイチゴのギモーヴを作りたいと思います。
(続きにレシピ有)
■ギモーブの材料(12.5cm×6.3cmの長方形型×2枚分)

粉ゼラチン 14g
グラニュー糖 50g
水 70cc

卵白 1個分
グラニュー糖 20g

パッションフルーツソース 26g
白桃ソース 26g
コーンスターチ 23g

■作り方
1、鍋に水70ccを入れ、ゼラチンを振り入れて15分ほどふやかしておく)
2、卵白を軽くあわ立て、グラニュー糖20gを少しずつ加え、角が立つまで泡立てる
3、1の鍋にグラニュー糖50gを加え、ヘラなどで軽く混ぜながら、弱火にかける
  (ゼラチンとグラニュー糖を溶ければOK、沸騰させる必要はありません)
4、2のメレンゲに3のゼラチンを半量加え、ハンドミキサーの高速で30秒ほど泡立てる
5、残りのゼラチンをすべて加え、ハンドミキサーの高速でメレンゲの角がゆるくお辞儀する程度になるくらいまで泡立てる
6、ソースを入れたボウルに5のメレンゲを80g入れて混ぜ合わせる
7、余ったメレンゲにもう一つのソースを混ぜ合わせる
8、ラップを敷いた型に流し入れ、表面を整えて上からもラップをし、冷蔵庫で30分以上冷やして固める
9、完全に固まったら、コーンスターチを敷いたバットなどに取り出し、包丁でカットしてコーンスターチをまぶす

■のーずメモ
・フルーツソースはヨーグルト用のものやジャムでも代用できそう
・コーンスターチは型から外してまぶすのに使うだけなので、分量は適当にw
・手順6から先はゼラチンが冷えて固まってくるので、手際よく、出来るだけ早くやる
・ギモーヴを包丁で切るときは、真上からギュッと押し切るようにしたほうが綺麗に切れる
 (もしくは試してないけど、包丁を温めて切ると綺麗に切れるかも?)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。