写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年05月28日 (金) | 編集 |
エモイワレヌ。あたしは魔法をかけられて大切なのは今だと思う


■題詠blog2010 「010:かけら」

■Another song

助手席に残されているお茶会のマフィンのかけら君の残り香



゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+*

■題詠blog2010鑑賞(My Favorites)

かけられた精 液を拭くところまで見せてくださるあなたが好きだ
(燦獣イチオン:古屋賢一さん)


なかなかこういうのって詠めない・・・いや、詠めるけど(←詠めるんかいw!)、公の場に出せないと思いますw
こう思ったとしても、好きな”あなた”にさえ言うことがためらわれる、誰にも見せることのない、隠すべきかも知れないほんとうの自分。
それをこうして公の場に晒すのは、かけられた精液を拭くところを見せるのと同じくらい恥ずかしいかも。
ていうか、この短歌を選んでこうして紹介していることも恥ずかしいw
だけどこの短歌には、そういうところまで見せてもらえることが、そういう仲になれたことがすごく嬉しくて幸せだっていう気持ちがよく現れているように思えて、私は共感してしまったのです!
なんて下品な!って怒る人もいるかもしれないこの領域に、さらりと足を踏み入れた古屋さんに乾杯(完敗)☆


悲しみを時が癒していくように波は硝子のかけらを洗う
(ぷち*ぷち:あおりさん)


美しい短歌ですね。
こういう世界観、好きです。
時間はほんとうに不思議ですね。
もうこれはあかん、耐えられない・・って思ったどんなことも、時間が経ったある日気がつくと、波に洗われた硝子のかけらのように、やんわり優しくてちょっと切ないような、綺麗な擦り硝子色をした思い出になっているのです。
ちなみに私はシーグラス(ビーチグラス)を集めていますw
ビーチコーミング(浜ブラ)して、桜貝やシーグラスや綺麗な石を集めるのが好きです。
最近は飲み物も殆どがペットボトルだし、ガラスはリサイクルされるしで、シーグラスを見つけるのが大変になってきました><
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。