写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年07月10日 (土) | 編集 |
突然ですが、今週のチャロのエピソード15。

翔太が入っているサッカーチームでは、リフティングを20回出来なければ試合に出られないという決まりがあって、翔太は毎日練習していました。
ある日、いつものように公園で練習していた翔太。
ついにリフティングを20回達成することが出来たのです。
翔太は「・・19、20!」ってなった瞬間、リフティングを止めて大喜び!
毎日練習に付き合っていたチャロも大喜び!
けど、その後のテスト本番では翔太はリフティングを8回しか出来なくて、結局試合には出られませんでした。
そんな挫折を味わった翔太だったけど、自分で立ち上がって練習を再開したんだ!って話でした。

ていうかごめん、ちょっこし共感できないとこがあったw
私だったら、リフティング20回を1回出来ただけで大喜びなんて出来ない。
20回出来たからって止めるなんてとんでもない、本番で20回やらなきゃいけないんだったら、練習では35回~40回は出来るようになっておかないと不安でたまらないです。
40回前後のリフティングを5回チャレンジのうち3回は達成できないと安心できない。
万が一を1万回に1回ではなくよくやらかしてしまう私は、自信過剰なくせして自分が信じられないのです。

3時に行こうと思っていると3時10分に、4時間で走ろうと思っていると4時間5分とかになってしまうので、キツめに用意しておかないと自分にがっかりすることになるのです。
フルのサブフォーを目指していた時なんて、それはもう用意周到に、本を読んで練習メニューを試して準備しました。
あ、でも、翔太のエピソードは小説じゃなくて教材なので、時間の関係上ああなったのかも知れないし、挫折の後は翔太も40回、いやそれ以上を目指して練習したかも知れませんね。

そんな用意周到な私ですが、目標を達成してしまった後はもうぐだぐだです。
努力し続けられる人は、すごいです。
私は目標を達成したら長い休眠に入ってしまいますが、翔太はもしかしたらその後もすぐにその上を目指して活動を続ける人なのかも?
どんな小さなことでも、何かを長年継続している人はすごいと思います。
そういう人を、尊敬します。
そういう人に、なりたいです。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。