写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年07月23日 (金) | 編集 |
P115074100.jpgスキー場に行ってリフトに乗っていると、リフト沿いの木に、こんな丸い鳥の巣のようなものがたくさんついているのをよく見ます。
私はてっきりこれは鳥の巣だと思っていて、でも鳥は見かけないから、きっと夏の間だけ使ってて、冬になったら暖かい場所へ移動するのだと考えていました。

間違っていると思ってなかったのと、どんな鳥が!?とか強い興味を持つこともなかったので、ただあれは鳥の巣だーで片付いてました。

が!
今回、植物の科学を勉強していて、これが出てきました。
機は熟した!
ついに知るべき時が来たのです!!(←おおげさ)

これは鳥の巣なんかではなく、ヤドリギという寄生植物だったのです!
鳥によって葉っぱが集められて、無理やりここで巣にされているのではなく、この子は生粋の樹上っ子だったのでした!
失礼しました><

このヤドリギ、皆さんはどうやって増えると思います?
なんの助けもなしに種をぽとぽとと下へ落としたんでは、子供(種)は他の木の上に登って宿ることができませんよね。

植物が種を別のところへ移動させる手段として、虫、鳥、動物、風、水などを利用することがあるのですが、このヤドリギは鳥を使っているのだそうです。
果実や種がものっすごい粘質らしく、鳥が排泄した際に、種が宿主の枝に引っ付くのだそう。
発芽したヤドリギベビーは宿主の木の中に寄生根を浸入させ、宿主が土から吸収している水やミネラルなどを奪い取って大きくなるのです。
すげー!

ヤドリギは見た目のとおり、葉っぱがあって茎も緑色。
光合成は自分でやっている半寄生植物です。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
NO TITLE
こんにちは 
いつも走るコースに ヤドリギがあります
冬の間木は落葉しててもこれだけは緑だったので、きっと生きた植物だと思っていました
最近は宿主が緑の葉っぱでふっさふさになったので ヤドリギは見えません
夏の間はどうなっているのだろう・・・
今度観察しに行ってみます
最近暑いので さっぱり走ってません(汗)
9月まで走るのやめようかなと思っています(汗)
なんかカラダに悪そうだし(汗)
2010/07/24(Sat) 11:32 | URL  | はっぱ #-[ 編集]
■はっぱさん
生きた植物だと気がつくなんて、はっぱさんさすが、見てますね~。
ヤドリギは夏の間もそこにいて、宿主の横っちょから葉っぱを出して光合成していると思いますが・・・どうなんでしょうね?

私は今日、久しぶりに1時間26分走りました。
13キロです。
この時期、走るのは夜が明けてすぐの早朝か午後6時以降でないと、確かに体に悪そうですね。
私は今日は夜走ったのですが、風は心地よいし、月は綺麗だし、明後日の満月に向けて明るいから道が良く見えるし、気持ちよかったです。
汗はビックリするほど出っ放しで、走り終わったらドボドボでしたが。
帰ってから1.5Lくらい水分とってるんじゃないやろか・・・。
2010/07/25(Sun) 00:02 | URL  | 野坂らいち #uv1XZDJs[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。