写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年08月25日 (水) | 編集 |
IMGP0151.jpg今日の一皿は海南鶏飯。
ピンイン表記は hǎinánjīfàn
ハイナンジーファンと読みます。
鶏肉を茹でて、茹で汁でご飯を炊く。
鶏ごはん・・・みたいな?
鶏の胸肉が安い時によく作ります。

鍋にたっぷりの湯を沸かし、ニンニクと生姜のスライスと葱、胸肉を入れ、再度沸騰したらコトコト1分。
あとはそのまま火を止めて、茹で汁の中に胸肉を入れたまま30分放置。
余熱でじんわり火を通します。
(私はここまで、前の晩にやっておきます。朝起きたら冷めてる胸肉と茹で汁を冷蔵庫に入れて、晩ご飯の時に残りの作業をします。)

炊飯器に米3合、中華のだし小さじ2、冷ました茹で汁を入れてスイッチオン。
タレは酢、砂糖、水、ニンニクと唐辛子のみじん切り、ナンプラー(ヌクマム)を適当に味を見ながら合わして作ります。
ご飯が炊けたら皿に盛り、胸肉をスライスして添えます。
手間かかるっぽいけど、実は超簡単料理ですw

タレは生春巻きのタレとしても使えます。
面倒なら市販の生春巻きタレやチリソースでも。
余った茹で汁はスープにしましょう。
万が一鶏肉が生だったら、レンジ弱で様子を見ながら40~50秒チンすればオッケーです。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。