写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年09月26日 (日) | 編集 |
akunin.jpg感想を書くのが遅くなりましたが、初日に観てきました。
観終ったとき、悲しくて、だけどどこか胸があたたかいような、でもやっぱり悲しくて切ない気持ちになりました。

とても良い映画だったので、原作はどうなんだろう?と思っていたら、はっぱさんが原作のほうを先に読んでいました。
その感想を読んで、これは原作も読まねば!と思い、さっそく読みました。
この間の3連休は旅行だったのですが、旅行中も分厚い本を持ち運んで、隙あらば読んでいたってくらい面白かったです。
灯台萌えで方言萌えな私にはたまらない、なんつーかもう、がばい魅力ある映画と小説やったとー!w
(以下、若干のネタバレを含んでいるのでお気をつけ下さい)

映画はやはり時間が限られているので、主要部分だけを抜き取って分かりやすく作られていて、その分かりやすさの奥にある深い部分は観る人の感性に委ねられています。
私はいつも、自分が映画から感じ取ったことを確認するために原作を読むのかもしれません。
映画は悲しく、原作はもっと悲しくて苦しくなりました。
「悪人」という物語の中には、悪人なんていなくて、弱い人がたくさんいただけでした。
きっと現実の世界もそうなんだろうと思います。

登場人物の中で一番優しくて強い人は、祐一だった気がします。
けれども祐一にも弱い部分はあって、佳乃はそんな祐一の一番弱い所、まだ癒えていないような傷をわし掴みにしてしまったから、殺されたのだと思います。
ラスト、光代が灯台に向かって必死に戻ってくる姿を見たときに、裕一は最後の強さを手に入れたような気がします。
強さを手に入れた祐一が最後に下した決断、とても悲しかったです。

被害者の父の佳男が、「今の世の中、大切な人もおらん人間が多すぎったい」と言っていました。
うん、だけど自分に大切な人がいてもそれだけじゃダメで、どんな人であろうと全ての人に、大切な人やその人を大切に思っている人がいることも、いつも心に置いておかないといけないって思いました。

その人が嬉しそうな顔をするだけで自分も幸せな気持ちになれる人が大切な人だというのなら、私にも大切な人は何人かいます。
だけど私にはその大切な人を大切にする方法が分かりません。
自分の考えているやり方が、その人の幸せではないかも知れないからです。
祐一が選んだラストは、本当にその人を幸せにする方法だったのだろうか?
答えのない世界で生きていくのは難しいです。

映画「悪人」公式サイト
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
NO TITLE
こんばんは
小説の「悪人」、一日で一気に読み終えました。
とても良かったです。

佳乃はいつも、自分を護るためとか、自分を良く見せるためのの嘘をついていました。
そういう人には、「悪人」も寄り付きません。
大切な人を護るための嘘をつくことができたら、殺されることもなかったのでしょうに。

心を開くことができて、何でも話せて、自分の話をちゃんと聞いてくれる人。
祐一と光代は、互いがそういう人に巡り合うことができ、相手のことを「生きることの意味」だと感じていました。
私が祐一と同じ状況になったら、ラストで光代に対して同じ行動をとると思います。
光代は全てを理解し、彼女はこの先、必ず幸せになると思うのです。

この小説の中でいう「悪人」はただ一人、クラリスの心を奪ったルパンでした。
周囲には「悪人」に映っても、光代にとっては「望み」です。
たとえ離れて暮らしても、会えなくても、祐一は生涯光代のそばにいます。
2010/09/29(Wed) 00:48 | URL  | DILI #/I6ykovo[ 編集]
ふ~ん…
 なんか重い映画っぽくて見たいけど、今は見たくない…そんな感じです。
 人のこういう感想文を読むのは面白いね。
 私は映画も本も読んでないけど、映画も本も見る人によって感じ方や思う事が違うから、感想文って面白いです。
 この記事読んで映画見たいと思いました(私はどんな事を思うのかな?)でも今は見ないけど。

 >答えのない世界で生きていくのは難しいです。
 →楽しいとそんな事もあまり考えないんだけど、特に悪い事やつらい事が重なってる時期はそう思うよね。答えのない世界…『なんで?なんで?』と問いかけることが最近多いので、生きることは本当に難しいと思います。答えがないから面白いのもあるけれど、一生のうちに何回かは答えを教えてくれる人生だったらいいのにな…と思います。
2010/09/29(Wed) 11:36 | URL  | マーヤ #-[ 編集]
映画って…なんだ
映画って…なんだろう…?
2010/09/29(Wed) 15:49 | URL  | BlogPetのにーに #-[ 編集]
■DILIさん
DILIさんも「悪人」、一気読みですか。
自分が面白いと思った作品を気に入ってもらえるのって嬉しいです^^

佳乃の嘘は、弱い人がよくつく、良くない嘘ばかりでしたね。
自分の理想とする自分があって、それにはるか及ばない現実の自分もよく分かっていて、努力ではなく嘘でそのギャップを埋めようと必死な感じでした。
私も佳乃によく似た弱い人間なので、傷つきたくなくて嘘をつく佳乃を単純に嫌な子だと切り捨てられませんでした。
あまりにも若い時の私にそっくりで、複雑な気持ちになりました。
もしも佳乃が殺されずに年を取ったら、真っ直ぐで、傷つけられたら傷ついたまま、取り繕いもしない祐一や光代のような人になりたいと、私のように思ったかもしれないと思いました。

> 私が祐一と同じ状況になったら、ラストで光代に対して同じ行動をとると思います。
> 光代は全てを理解し、彼女はこの先、必ず幸せになると思うのです。

男性と女性の違いでしょうか。
私は、もしも私が光代だったら、祐一を待っていたい、祐一に待っててもいいと言ってほしいと思いました。
あのラストで祐一が取った行動は、一番簡単に光代を普通の幸せへの道へ戻せる方法だったと思います。
けれど幸せへの道はひとつじゃなくて、私だったら、困難が多くても別々より一緒に歩いていく道を行きたかったなって思いました。

ただ、殺人犯の恋人として世間の中でひとり祐一を待つのは、とてつもなく辛いことだと思います。
ヘタレの私だったらどこまで耐えられるかが疑問ですが(汗)、けれど祐一と光代のような、あんなにもお互いが「この人となら」と思える人と出会えることなんて、そうそうないと思うのです。
そんな人となら、どんな事でもがんばれそうな気がしました。
・・・ま、気のせいかも知れないですけど(笑)

> たとえ離れて暮らしても、会えなくても、祐一は生涯光代のそばにいます。

光代がどう思っているのかを知ることが出来ないのがもどかしいですが、私が光代だったら・・・それでは幸せになれません。
光代の状況になってしまった場合、祐一が本当に悪人だったのか、自分を思ってあんな行動に出たのか、一生悩むことになると思います。
もしも本人に訊きに行っても本当の気持ちを教えてくれるとは限らないとか、そういう風に思ってしまうことも辛いです。
一時はあんなに、その言葉に嘘はないと信じられたのに。

私のためを思うなら、本当の気持ちを言葉と行動にして欲しい。
私はとても弱いので、本当にそばにいてくれないとダメなのですw
光代がDILIさんのいうように、本当に強い人だったら良いなって思います。
2010/10/01(Fri) 03:11 | URL  | 野坂らいち #uv1XZDJs[ 編集]
■マーヤちん
ほんと、人の感想を読むのは面白いよね。
映画の話をするのも好きです。
この映画は重いけど、本よりは映画のほうが軽いから、観る気持ちになって機会があったら観てみてね。

マーヤちん、今なにか悩んでいることがあるの?
山形にまだお友達がいないから、寂しくてしょんぼりしてるんやろか・・・?
大丈夫?
2010/10/01(Fri) 03:15 | URL  | 野坂らいち #uv1XZDJs[ 編集]
■にーに
今度一緒に観にいく?
トムとキャメロンのが観たいなー。
2010/10/01(Fri) 03:16 | URL  | 野坂らいち #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/10/01(Fri) 16:40 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。