写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年01月24日 (月) | 編集 |
第14章、『源氏物語』の世界(2)。

第二部以降の物語は、事の顛末をすべて知る語り手が状況をくまなく語る、ということを避け、登場人物たちの会話のみといったことが多くなる。
その点について教科書にはこう載っている。
登場人物の不透明感は増すけれど、現実の人間関係のありかたにずっと近づいたといえる。
私たちは他者を完全に理解することなどありえない。
私たちの他者理解は、常に誤解をはらんでいる。
そのことを、第二部以降の物語は、物語を織り成してゆく意図的な方法にまで高めているのである。
そう、現実はそうかも確かに。
ていうか他者どころか自分自身でさえも、完全に理解することなんて出来るんだろうかって思うw・・・は置いといて。

こういった会話のみで構成されるという方法によって、演劇用語でいうドラマティック・アイロニーが意図的に多用されている。
ドラマティック・アイロニーっていうのは、ある事情が観客には了解されているのに、登場人物たちには分かっていないことから一種皮肉な感じを生む手法。

光源氏のいない部屋で一人眠れずに夜を明かし、一番鶏の鳴く声を聞いた紫の上と、女三の宮のもとで紫の上を思い眠れずに一番鶏の鳴く声を聞いた光源氏。
読者は二人が同じ一番鶏の声を聞いたことを知っているけれど、当の本人たちは知らない。
こういうのをドラマティック・アイロニーというのだそう。
読者にしてみれば、あああ~><ってなるなこれは。

それにしても、漢文学をもとにしているとはいえ、日本語が出来てからすぐにこんな手法を見事に自分のものとして物語を作った紫式部ってすごいなあって思う。
きっとものすごい妄想家だったんだろうなあって思う。
妄想家式部流の家元やなw

第13章、14章で源氏物語について少し分かって、読んでみたい、でも怖い・・・という気持ちになった。
先生が、「いったいこの物語は、何と深ぶかと、人と人の心の通い合いを希求する思念に貫かれた物語であることか。」と書いているように、胸が痛くなるようなシチュエーションがいっぱい出てくる。
私は物語に深~く入り込んでしまう体質なので、体力のある時に読まないともたないかも><
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。