写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年01月25日 (火) | 編集 |
第15回、王朝の光と闇-『大鏡』と『今昔物語集』。

歴史物語は『栄華物語』、その次が『大鏡』。
どちらも藤原道長が中心となっているけど、『栄華物語』は後宮中心の宮廷史で、『大鏡』は道長の権勢の実体とその由来を説き明かすものとなっている。
『栄華物語』は「編年体」という歴史の流れに沿って書かれていたのに対し、『大鏡』は紀伝体という人物中心の書き方をしている。
中国の物語は紀伝体で書かれていることが多いので、これも中国の影響かもしれない。

『今昔物語集』は院政期に成立した説話集。
なんだかちょっと怖い話もたくさん載っているみたい。
編集された時代が、ちょうど平安後期の武士が力を持ち出し、世の中の秩序や価値観が変動する時期だったためか、それまでの文学がまったく顧みることのなかった反秩序的な話も盛り込まれている。

何かあやしい、この混沌とした気持ち悪い感じ。
なんかで読んだことあるかもって思ったら、やはり芥川龍之介だった。
芥川龍之介は『今昔物語集』を参考に執筆していたと思われるらしい。

多田先生は『今昔物語集』のことを、「当時の世界観からすれば全世界的な規模をもつ作品で、収録話数がぼう大であること、内容が多彩であること、文学的達成度が高いことのいずれを見ても、日本文学史上、最大・最高の説話集ということが出来る」、とまで言っている。
でも、なんかちょっと気色悪い感じがして読みたいと思わないかも・・・

ていうかそういえば確か、前に会ったときlepさんが図書館で借りたとかいう分厚い今昔物語集を読んでいた気がする・・・。
あれは確か二人で当時流行っていたメイド喫茶wへ行った時だったっけ。
メイド喫茶で今昔物語集ww
あの時はじめてあの雑居ビルのエレベーターの中で、耳かき喫茶のチラシを見たんだよねー。
なつかしーなー、lepさん元気なんだろうか?

てことで、全15回試聴終了~。
私のこのメモだか感想だか何だか分からない古典の授業の記事、読んでた人いるのかなw
もしいるなら、最後までお付き合いくださいましてありがとうございました
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
興味深く拝見しました(^^)
大学時代に古文書学の授業とってたなー、とか懐かしく思い出しましたよ。
子供達には日本の文化をきちんと理解させたいです。私自身、敬語すら怪しいときありますけれどねf^_^;
2011/01/26(Wed) 21:10 | URL  | おむすびかーさん #-[ 編集]
■おむすびかーさん
読んでくれてありがとうございます~e-466
古文書学ですか!
範囲が広そうな学問ですね~。

そうですね、私も子供を持ったら子供に日本をよく知ってもらいたいなあって思います。
一緒に百人一首をしたり、お花見やお墓参りや七夕やこたつみかんwなど、季節の行事を楽しんだりしたいです。

この頃よく、春になったら山菜採りに行ったことや、母がストーブで小豆を炊いておはぎを作ったりしてくれたのを思い出します。
(日本の文化とはちょっと違うかもだけど)畑をしたり、棚を作ったり、ふと立ち止まってみるとやはり私のルーツは母から来てるんだなあって思います。

私も子供にそう思ってもらえたらいいなあって思うのです。
と言っても子供を持てるかどうか分からないのですけどw
2011/01/27(Thu) 00:51 | URL  | 野坂らいち #uv1XZDJs[ 編集]
素敵なお母様ですね(^^) 私もそんなふうに四季折々を楽しみながら育ててやりたいです。やりたいですが…頑固な三歳娘についイライラッとしてます(´Д`)
畑とかいいですよね~。すごく憧れます!旦那の田舎は畑があり、子供達を走らせるには最適ですが、いざそこに住むとなると怯みます。義理の両親は悪い人じゃないですがものすごく強引で疲れるので…(T_T)

私は婦人科にかかっていてまさか子供が産めるとは思ってませんでしたが、お伊勢さんに詣でたら二人恵まれてびっくり。
さすが日本一の神様ですね。ちょっとスピリチュアル方面に傾きかけました(^^ゞ
2011/01/29(Sat) 00:16 | URL  | おむすび #-[ 編集]
■おむすびさん
>素敵なお母様ですね(^^)

ありがとうございます^^
マザコンなので、母を褒められると嬉しいですww

ていうかおむすびさん、”かーさん”がとれてる~。
実はですね、わたし、おむすびをおむすびって言うの好きですw
ずっとおにぎりって言ってたんですが、ある時、おむすびのほうがふわっとした感じがして可愛い!って思いました。
今でもつい癖でおにぎりって言ってしまうんですが、他の人がおむすびって言ってるのを聞くたびに良いわ~ってほわんとします。
すみません、何の話??ですねww
てか、もしかしたら前に同じ話しましたっけ?(汗)

子供が困ってしまうくらい頑固なの、そしてついイラッとしてしまうの、よく分かります。
お正月に親戚のうちでチビっ子(3~5歳児)の相手をしていたのですが、相手は疲れを知らないし、しつこいし、融通きかないし、子供を育てるってすごーく根気のいることだなあって思いました。
毎日のことだし、逃げられないし、大変ですよね・・・。
その分、楽しいことや嬉しいこともたくさんあるのでしょうけど。

子供を育てたことがないのに言うのもなんですが、私個人の意見としては、子供にイライラしてもいいと思いますw
世の中に出れば、わがままを言ったらイラッとされるのは普通のことなので、小さいうちからそういうことに慣れておくのも良いんじゃないかと。

義理のご両親は悪い人じゃないんだけど・・・っていう気持ち、何となく分かりますw
向こうは良かれと思ってやってくれたりでも、こうしたかったんだけどな~とか、いらんのにー><とか、いろいろありますよねw (たぶん・・・)
気を使うということは、大事に思っているってことでもあるけれど、気の使い合いほど疲れるものはないですし。
言いにくいかもだけど、やんわ~り少しずつ表現して、相手の言ったこととか気にし過ぎないようにして、お互いに近づいていければいいんですけどね~。
こじれたくない相手だと難しいですね><
でもまあ無理する必要もないし、おむすびさんがいちばん疲れない方法でお願いします(笑)

>伊勢さんに詣でたら二人恵まれてびっくり

おおー!二人も!!
神頼みってあるものなんですね~
婚活中の友人も引き連れて行かねば行かねば~!
2011/01/29(Sat) 01:51 | URL  | 野坂らいち #uv1XZDJs[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。