写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年02月03日 (木) | 編集 |
車の中で聴いてたラジオで、面白いことを話してました。

「”同じ会話パターンで話すカップルは、そうでないカップルよりも長続きする”ということが、アメリカの大学で発表された」って話でした。
さらに、
「実際に交際中のカップルのネット上での文章を分析したところ、文章スタイルの一致度が高いカップルは80%が3カ月後も交際中だったけれど、一致しないカップルは3カ月後には54%しか続いていなかった」とのこと。

まあ、ちょっと考えてみればそれもそうかなって納得の結果だと思う。
会話パターンが近くて同じ言葉をよく使う人だと、それが良いなって思っている人だったら嬉しくなると思うし。
よほど想像力があれば会話パターンの違いを埋める事も可能かも知れないけれど、想像というのも会話と同じく自分の思考パターンから出てくるものだと思うから、それが違う人のことを理解するのは難しいと思う。
理解することが難しい人と長く付き合うのは疲れるから続かないっていうのは、納得できる話かも。
検索したら詳しいサイトが出てきたので、下にリンクしときましたw
関連記事で面白そうなのもあったので、追加でリンク。

あと、そのパーソナリティの方は、
「”相手の顔が好き”だと長続きするという結果もアメリカの大学で発表されたと聞いた事がある」と言っていました。
まあそうでしょうねー。
好きな顔がいつも自分のそばにいてくれたら嬉しいし、それが日常になって慣れっこになったとしても、わがまま言われたり困らせられたりした時に、やはり好きな顔だと許してしまう傾向はあると思うから。

そっかそっか、会話と顔か~。
当たり前すぎて見逃しそうだけど、ここをしっかり押さえるのと押さえないのとでは全然違う気もするな。
押さえてたって、好きになる気持ちは大きな流れで、自分ではどうしようもないからしょうがないのだけど、もし好きになった相手を観察する余裕が出来たとき、このことを覚えていて「会話と顔、ピッタリだ~」って思えたら喜びもひとしおかもw
逆に、「そうか・・・この違和感は会話パターンが違うからか!」と気がつけば、取り返しの付かないことになる前にいろんな意味で修正することも出来るような気もする。

■GIGAZINE「カップルが長続きするかどうかはしゃべり方から予測できる」
■GIGAZINE「とても幸せなカップルが毎日心がけている5つのこと」
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。