写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年03月11日 (金) | 編集 |
題詠2010を終えて一言。
また完走できなかった・・・無念。
へこむわー。
ネタ切れとか言ってる私は人から歌人なんて言われると、『ち、違いますよっ!!(汗)』と(心の中で)叫んでしまいます。
でも、「歌人(かじん)」って広辞苑で引いてみたら、「和歌をよむ人。うたよみ、うたびと。」と書いてあった。

和歌を詠んだら誰でも歌人なのか・・・
そっか・・・なんか違うんだけどなー・・・
でもま、細かいことはいっかw

というわけで苦労した2010ですが、無事に完走しました。
最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございました。
完走後の恒例ですので、自分で自分の短歌の中から今読んで良いなって思うものを選んでみました。
あ、選んだ短歌にはちょっこし感想を書いておきました。
良かったら見てやって下さい。

ていうか今、恒例って打とうとして高齢って出て、なんかあわわわ・・・ってなった。
私も、高齢とかお年は?とかシワとか更年期とか、そういう単語にドキーっとする年頃になったのねぇ。
ふぅ・・・



■題詠blog2010 自選七首

010:かけら
助手席に残されているお茶会のマフィンのかけらと君の残り香

思い出して幸せになったり、寂しくなったり。

011:青
どうしても綺麗なままで終われない青いソーダと白いクリーム

この短歌、良いんだけど、まとまりすぎている感じが今はちょっと苦手。
前にも書いたかもだけど、私はクリームソーダの氷に引っ付いてちょっと固まっているアイスが好きですw

020:まぐれ
まぐれでは君に逢えない運命をDIYするあたしのやり方

DIYって好きじゃないと出来ないですからね。
こういうちょっと強めの短歌をまた詠みたいな。

029:利用
4日前、君と二人で利用した部屋に満ちてたノロケウイルス

潜伏期間は1目~3ヶ月、発病したら完治は望みたくないノロケウイルス。

044:ペット
「大丈夫」左のパペット「そばにいる」右のパペットさよなら孤独

さよなら孤独。
この歌詠んでから、ちょっと孤独じゃなくなった。

055:アメリカ
深いこと考えないという君にそこはかとなく香るアメリカ

でも、アメリカは対応早かったりする。
そこは君と違うw
でも君は日本人だから、そこはかとなく香るくらいでいい。

063:仏
降る雪を窓越し眺めしましまの猫と並んで涅槃仏する

自宅リビングから見る雪景色が好き。
猫と一緒にしんしんと降る雪を見ていると、とても静かな気持ちになる。
なむー・・・・  (ぐー・・・)


続きには全首一覧を載せて、気に入ってるものは太字にしてあります。
■題詠blog2009 全首一覧 

001:春
二人して春巻きの皮にくるまって170℃でカラッとしよう
春の夜のこの星空のさなかにもあたしは君を失ってゆく

002:暇
一緒にはいられないなら世の中の休暇よぜんぶ消えてなくなれ
暇だからではない君とすることのすべてのために今日を生きてる

003:公園
待ち合わせしてない雨の公園で「会いたかった」と声にしてみる

004:疑
一瞬の桜のごとく疑いはこころに焼かれ恋の散るらむ
疑いという君の子を大切に抱いてともに眠るあのひと

005:乗
覚悟決めミクロの宇宙戦艦で君の内部に乗り込んでゆく
王子様は白馬に乗っては来なかったあたしも林檎を食べなかったし

006:サイン
永遠を約束したい君の持つゲノムぜんぶにサインをしたい
悪魔からキューバ・リバーをご馳走になってお礼にサインしました。

007:決
恋人になるって決めたのはあたし一人称の恋はむなしい
傷ついたことさえ気付かぬ早業で決定的に傷つけている
決定打放ってホームを蹴ってゆく風を抜ければこれでサヨナラ

008:南北
南北の針も迷える樹海にて君を探しているような夜

009:菜
あんなにも貪りあっておきながら菜食のふりをしている 二人

010:かけら
エモイワレヌ。あたしは魔法をかけられて大切なのは今だと思う
助手席に残されているお茶会のマフィンのかけらと君の残り香

011:青
どうしても綺麗なままで終われない青いソーダと白いクリーム

012:穏
苦しみも嫉妬も亡くし穏やかに君を想っている日曜日
苦しみも嫉妬も亡くし穏やかに君を想ってしまう日曜
ころころと変わる天気もそっちのけ穏やかに君と過ごす助手席
梅雨空の変わる天気に刺激され穏やかな君も激しく変化

013:元気
母が身をけずって大きくしてくれた元気なあたしのからだ、サイコー!
死んじゃったらもう会うことができないよ。元気じゃなくても生きてて欲しい。

014:接
知っていて知らんぷりする君の手が接する部分がやけに熱くて
あの頃は接近したくて歌を詠み今まだ足りずに歌を詠む日々

015:ガール
日本語と英語のガールフレンドの違いについて Lesson 5

016:館
君がいたあの映画館のドキドキをこの先ずっと忘れられない
きらきらと二匹のあぶく戯れる閉館までのあと少しだけ

017:最近
うだるよな暑さがつづく最近は君にもうまく執着できず
ここ最近、黒装束のさよならに追われています。忙しいです。

018:京
愛することと対極にある聖地には南京錠がひしめいている
100年後、南京町のあずま屋で君と豚饅はんぶんこする

019:押
早春にもらった花を押したまま綺麗な過去になってゆく夏
取り返しのつくことではない気がしてて送信ボタンを押せずに三日

020:まぐれ
まぐれでは君に逢えない運命をDIYするあたしのやり方

021:狐
夜に降る雨は狐の嫁入りと呼ばないんだね、星と雨粒
金色の狐のように穂はなびく君とすごした夏の終わりに
君がもし狐か狸だとしても夢が覚めても一緒にいたい

022:カレンダー
気持ちだけもう何年も変わらずにカレンダーをまた一枚めくる

023:魂
くんくんと嗅げば日なたのにおいする君の魂まるごと抱いた
お日さまの匂いがしてる魂を持ってる君の器の事情
膨れゆく体に合った魂を買っては捨てて買っては捨てて

024:相撲
勝ち負けじゃなくてやってる指相撲わざと勝負を長引かせ・・てぇー、る!

025:環
運命の一環として極上の慈愛に満ちた嘘、さらに嘘
これほどの環境破壊をして生きて不幸だなんて言っちゃいけない

026:丸
悲しみに暮れないような気がしてて鶏を丸ごとくつくつと煮る

027:そわそわ
スカートを履けばそわそわ落ち着かず恥ずかしいことをしてる気がした
80になってもドキドキしたままであたしも君をそわそわさせたい

028:陰
君といた今日の下着を陰干しす こうして一つ、終わり始まり
木漏れ日がちらちら木陰どうしても離れられない Yin and Yang
光、陰、光、陰ってくるくるとまわる綺麗な星の恋人

029:利用
4日前、君と二人で利用した部屋に満ちてたノロケウイルス
利用していいよ本気じゃなくたって傷つくほどに残る傷跡
誰からも利用されずに朽ちてゆく廃墟で二人、恋をしている

030:秤
秤から転がり落ちた衝撃で君を忘れてしまう計画

031:SF
肩越しの紅葉が燃える腕の中あたし一人がずっとSF

032:苦
君こそがこの苦しさを取り除く世界でたった一人の恋人

033:みかん
二人もう、和歌山、愛媛、熊本のみかんの味比べをする関係

034:孫
君の孫があたしの孫じゃないらしい2022年の予知夢

035:金
炎々と野山のもみじ泣きぬれてわれ黄金色の猫とたはむる

036:正義
北陸の冬の天気のあいまいさ越えてゆけない正義だけでは
印籠のように正義をふりかざし傷ついたとか何度も言うな

037:奥
きみの目の奥にひろがる草原は太古に駆けっこしたあの草原

038:空耳
秋の空耳をすませば君の声、いや、ヤマナラシか風のいたずら

039:怠
冬に雪降るのが当たり前のように怠惰は さ よ う な ら を 降らせて
ほのぼのと怠けることを趣味として恋人繋ぎでてくてく散歩

040:レンズ
ちっぽけなあたしの変化を逃さない君の拡大レンズの性能

041:鉛
いつまでも一緒にいられないカラダ 鉛のように重たいカラダ

042:学者
ハッキリとデータにしたいこの気持ちいつしかあたし科学者となる

043:剥
抗えぬ現実があるムキになり剥がすシールのあとの醜さ

044:ペット
「大丈夫」左のパペット「そばにいる」右のパペットさよなら孤独

045:群
帰る場所が同じだという幸せを感じるための群れの一員

046:じゃんけん
オセロでもじゃんけんでもいい、ただ君の綺麗な指を見ていたかった

047:蒸
蒸し風呂というよりグリルの終わらない夏さえ終わって初雪の降る

048:来世
来世などないと知ってる満月を君と見上げた気比の松原

049:袋
薄あげのきんちゃく袋に閉じ込めてこのまま甘く煮ていいですか?
欲しいものは決して手に入らないもの 恵まれてるから「袋、要りません

050:虹
波のうえの不思議な虹を二人見てあの日の夢が今も消えない

051:番号
知ることのない番号があることを悲しむあたしを君は知らずに

052:婆
いつの日か老婆となりてあの人と歩みし君も露と消えさり

053:ぽかん
あたらしい体の中に入れずにぽかんとしている君をなでなで

054:戯
飽きるほど戯れたのちまた明日あしたの君に早く会いたい

055:アメリカ
深いこと考えないという君にそこはかとなく香るアメリカ
おおらかと大雑把とを兼ね備えアメリカ人の友人となる
夢にみた君との暮らしかなわずにアメリカに渡る初夢をみる

056:枯
君とみたあの紅葉も枯れ果ててただこの先の春を待ってる

057:台所
どこだって台所ひとつあればいい君が一緒にいたら更にいい

058:脳
敏感で鋭いあたしは見抜いてる君も知らない君の脳内

059:病
あんなにも治らないでと願ってた病が治る兆しに震え

060:漫画
日常をゆるりできない二人なら漫画のような動機がほしい

061:奴
君のことアンタや奴と呼ぶ人をそれでも君はたぶん愛せる

062:ネクタイ
ネクタイの緩めかたにもそれぞれの癖があること気付くその時

063:仏
降る雪を窓越し眺めしましまの猫と並んで涅槃仏する
指先は耳たぶ、頬、鼻、くちびると喉仏までの旅を続けて

064:ふたご
閉じ込めた「もう会わない」をパイ皮のふたごと食べる君の欲望
もしもまた生まれる時はよかったら君か君のふたごにならせて

065:骨
骨に刻むべきかと思うあの人と歩みし君をはじめて見た日

066:雛
時をかける少女はおぼろ雛壇のお内裏さまを人違いして

067:匿名
実体と名を失いしこのからだ君は匿名希望で抱き寄せ

068:怒
ほんとうに怒った顔を知らないで「大好き」なんて言うべきじゃない
傍にいて喜怒哀楽を分けあえる人への愛に気づかない君

069:島
はじめてのことをいっぱいきみとしたはじめての島はじまりの島

070:白衣
先生も白衣を脱げばただの人 僕らは服を脱いだら獣

071:褪
今ここに君がいないのが答えだと教えてくれる褪せた押し花

072:コップ
街中のママさんダンプとスコップを売り切れにして去りゆく寒波

073:弁
「今日、お昼お弁当?」って訊くことがイコール『会いたい』君へのサイン

074:あとがき
くちづけのあとがきみからあたしへの独占欲の気がしてねだる

075:微
20年前に出逢っていたならばその微笑をはなさなかった

076:スーパー
スーパーの袋を下げてならぶ影それだけでいい シャッターを切る

077:対
青空にぽかりと浮かぶ白い雲そんな感じで一対になる

078:指紋
よく晴れた満天に散る星のようにきみの指紋が残る助手席

079:第
すこしずつ次第にふたり打ち解けて5年かかって恋人になる

080:夜
これまでのどんなに酷い夜でさえ明けないなんて意地悪はせず

081:シェフ
君にただ小さく「うん」って言わせては満足している野坂シェフです

082:弾
雪融けの玉が弾けて飛び散ればふと切れるいと会いたくもなる

083:孤独
君のない自由と孤独が入り混じる 42.195キロ

084:千
思い出す おつりに二千円札が紛れていたかのような君の目

085:訛
感じ方も干支も訛りもお互いを大好きなこともおんなじの君

086:水たまり
花びらのピンクに染まる水たまり春だけ君は慎重になる

087:麗
あきらめていないのだろう画面には綺麗に成熟している卵子

088:マニキュア
爪の端わずかに残るマニキュアが落ちない夜の長いため息

089:泡
真夜中に泡立てている卵白のそこから先の悲しい運命

090:恐怖
生ぬるい恐怖を含むあの人のメールもすべて消える機種変

091:旅
二人して旅人だったあの島へ君以外とは二度と行かない

092:烈
心からそれを烈しく求めるかそうでもないか、それを答えに

093:全部
欲張りはいくつになっても変わらない全部欲しがり全部うしなう

094:底
君も見た景色を切り取るファインダー 結んだくちびる底辺にして

095:黒
枯れることなく流れゆく黒河川きみも乗りしかあの花筏

096:交差
猫の日と誕生日との交差点「星がきれい」と囁くメール

097:換
口移しで「好き」を交換し続けたあっという間の9時間だった

098:腕
筋肉がほどよくついた君の腕 甘噛みしたい春めく午後は

099:イコール
求めても君はイコールで結ばれし完結している式のなかのひと

100:福
青白い至福の時に包まれて 世界がその日、終わればよかった
青白き至福の時を過ごしたる夕べで記憶をとめむとぞ思ふ
青白き至福の時を過ごしたる夕べで君の記憶とめたし
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうございました~
おはようございます! いや~先日はブログでの安否確認コメントありがとうございました。もう普通にうれしかったです。

山形県の僕んち周辺は、まずは生活に困らない程度には復旧しています。信号機や商店の電気が復旧しているかどうかが問題ですね。

おかげさまで「ごく普通の日曜の朝」を、ありがたく過ごしております。

さてそれで、メルマガで創作者の皆さんの作品を紹介していくという企画ですが、のさかさんの短歌はいかがでしょう? ブログコメントでもメールでも結構ですので、まずはお返事頂ければと思います。
2011/03/13(Sun) 08:20 | URL  | きうり #-[ 編集]
■きうちん
こんばんは。
TVの報道を観ていると、本当に、”普通”を日常に出来ていることを幸せに思わなければならないなって思います。
無事でよかった。

メルマガの件、好きに紹介して頂いて構いません。
短歌をどうやって紹介するんだろう?って興味津々です。
楽しみにしていますw
あ、ていうか見るにはメルマガ登録しないとあかんか。
2011/03/14(Mon) 01:41 | URL  | 野坂らいち #uv1XZDJs[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。