写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年03月15日 (火) | 編集 |
日本内外からの支援が集まっているのをTVで観た。
昨日?おとついだったかな、ニュージーランドからも支援者が来たとニュースで観た。
自分のとこも大変なのに。
Ravさんのブログにもあったけど、これまで日本が世界中の国々へしてきたことが返ってきているんだな、他の国の人たちも心配してくれているんだなって思って胸が熱くなった。
今、私にできることはないか、考えてみた。

1.寄付
2.救援物資
3.不必要な買いだめを避ける
4.野菜などを出来るだけ自分で作る
  (東北、関東で栽培が困難だと思われるので)
5.食料品を買うときはなるべく地元の物を買う
  (他の土地、外国産のものは被災地へ回せるのでは?)

あと何があるかな・・・。
今はまだ救援活動が主で、災害ボランティアは団体でじゃないと難しい状態だと思うし・・・。

TVで、記者会見をしている東京電力の人が記者の人に強い口調で責めるように質問していた(ていうかそれは質問じゃなくて責めてた><)。
私は現場にいないので口出しするべきではないのかもしれないけれど、状況が状況だし、現場の空気も緊迫しているのも分かるけど、でも。
一生懸命やっている人に対してあんな口調で責めないで欲しい・・・。
出来ることならって思っているのはみんな同じ、そしてやらなければならない人はやるべきことを一生懸命やっていると思う。

計器が正しく作動しているかどうか100%ではない、現場に行って確認することもままならない、そんなギリギリの状態で状況を早く知らせるために、がんばっていると思う。
(正しくはないかも知れないけど)計器に数値が現れていること、推測かも知れなくても可能性があることを伝えることしかできなくて、それはきちんとやっていると思う。
言いたくないこと、やりたくないこともあるだろうけど、ちゃんと言ってるし、やっていると思う。
これまで何度かあった、原発の都合の悪いことを隠すやり方と違う。
隠せる状況じゃないし。
だから誰にも誰かを責めることなんてできない。

私も、何かあったとき、一生懸命やっている人を責めてしまわないように気をつけよう・・・。
その時になったらとても難しいことかも知れないけれど、心にとめておこう。
しなきゃいけないのはもっと先を見ること、これから先の想定外のことを考え、それに過剰反応せずに備えることだと思う。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。