写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年03月22日 (火) | 編集 |
Ravさんのブログでも紹介されていましたが、楽天ポイントを義援金に使ってもらえるとのことだったので手続きしました。

■楽天「東北地方太平洋沖地震の被災者義援金について

偽善かな、偽善やなw
けど、「やらぬ善よりやる偽善」。
こんな記事もありました↓

受験2年生「やらぬ善よりやる偽善」

確かに募金活動するよりバイトしてそのお金を募金したら?って話にも一理ある。
募金活動ってタイミングとかやり方によって、集まるお金の額がかなり違ってくると思うから、金額の面で言えば、ヘタな募金活動よりも1日バイトするほうが多いこともあるだろうなあ。

ま、でも私はどっちでもいんじゃね?って思うけどw
募金とかボランティアとか思いやりとか、そういうのって難しく考えると難しいよ。
受ける側が迷惑でなく助かるのなら、送る側にどんな思惑や事情があっても、金額が多かろうが少なかろうが関係ないって思う。
こんな記事もあったけど↓

ひとりごと、ぶつぶつ「慈善?偽善?」

私は、「一人の人間にこれほどの富が集中する仕組みそのものがおかしい」ことや「慈善事業は慈善事業をする側の、市場における支配力をさらに強化するためのマーケティング的行為」ということと、「やらぬ善よりやる偽善は良いことか?」ということは、別問題だと思う。

その偽善(善)で一人でも助かる人がいるのならその行為は「良いこと」だっていうシンプルな考え方をしないと、救えるはずの人を救えない。
おぼれている人を目の前にして、その人は救うべき人か、それとも救わないほうが世の中のためになる人かなんて考えている時間はない。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
No title
募金やボランティア活動が活発になると必ず出てくる言葉「偽善」 ふ~ん、勝手に言ってれば?っていつも思います。
たぶん、自分がその偽善さえできない(してない)ことの罪悪感を誤魔化す言葉じゃないかな?
自己満足でもいいんじゃない?しかも誰かが助かるという一石二鳥。お金もらって困る人はこの世にいないよね。
2011/03/22(Tue) 20:35 | URL  | Rav #-[ 編集]
■Ravさん
そうですね、罪悪感からかもw
出来るのにしない人が「偽善」という言葉を使っている気もしますね。
ほんとうに出来ない人たちは苦しみのことがよく分かっているからそんなふうには言わないような気がします。

私もRavさんと同じく、自己満足で良いと思います。
自己満足かそうでないか、本物か偽物か、正しいか間違っているかっていう世の中の基準なんて、曖昧なものですもんね。
2011/03/23(Wed) 12:26 | URL  | 野坂らいち #uv1XZDJs[ 編集]
やらしい気持ちなく出来る人が一番すごいと思う。
2011/04/23(Sat) 08:37 | URL  | 名無しさん #-[ 編集]
■名無しさん
そうですね。
売名や良い人と思われたいという気持ちなく、人のためを思って出来る人は一番ですね。

それプラス、本人がいやらしい気持なく100%人のためを思っていても、受け取る側が売名だとか偽善と思ってしまうこともあるように思うので、人のためになることはどんな小さなことでもすごいと思うことにしとこって思います^^
2011/04/23(Sat) 19:54 | URL  | 野坂らいち #uv1XZDJs[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。