写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年09月13日 (火) | 編集 |
ゴールデンスランバー原作を読んで面白かったので観たいと思ってたけど、人気なのかなかなかレンタルできずに忘れてた作品。
この間、しのさんのブログで紹介されてるのを見て、観たい熱再発。
やっと観ることが出来ました。
うん、面白かった!

実は私、この主人公を演じている堺雅人さんがちょっと苦手。
私は特に男性の第一印象に関して、口元が好みか好みでないかを重要視してしまいます。
で、申し訳ないのですが堺さん、口元アウトでした(汗)。
口元アウトの人って、顔を見るたびに何か違和感があるんです。
織田裕二さんも、嫌いじゃないんだけど口元アウトです><
ていうか、私の好みの話なんてどーでも良いですよねw

映画はとてもよかったです。
娯楽映画です。
スリルありで心もほんわかあったまる感じ。
竹内結子さんが美しかったです。
でも強いて言えば私は原作のほうが好きかな。
堺さんのせいではないですw


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
あっ。
 そうなの?面白そうだけどどうしようか迷ったんだよね。じゃ次見てみよう。

 私もこの人苦手…。やっぱり口元が…。だって女の子っぽいもん。織田裕二はどんな口だったっけな?

 >ていうか、私の好みの話なんてどーでも良いですよねw
 ⇒うんにゃ。聞きたい&聞きたい。誰の何処がスキとか、アウトとか…聞くの面白い(女子高ってそんな話ばかりだった…そういう話を聞くと昔を思い出していい)。
 暇なときのーたんの『セーフ・アウト・バキューン』書いてね(あと、気が向いたらで…)。
2011/09/14(Wed) 09:25 | URL  | マーヤ #-[ 編集]
■マーヤちん
やっぱりちょっと苦手な人・・ていうかタイプじゃない人が主役だと、面白そうでも借りるの後回しになってしまうよねw
でもこの映画、面白いから一度は観てみると良いよ。
小説のほうがもっと面白いけど。

女の子っぽいと言えば、この映画で殺人犯のキルオ役で出てた濱田岳さん。
↓ この人なんだけど、
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/typs/id284789/
今度は愛妻家の助手役でも出てたけど、良い役者さんだなって思いました。
堺さんと同じく柔らかい感じの役者さんだけど、堺さんはアウト、濱田さんはストライクとかヒットとかではないけど、けっこう良い球投げるなって感じですw

>暇なときのーたんの『セーフ・アウト・バキューン』書いてね

面白そうw
マーヤちんのも教えて欲しいなー。
ていうかバキューンって何?(笑)
ど真ん中ってこと?
ど真ん中はちょっとそれてるんだけど、最近、向井理さんを見るとドキドキしますww
2011/09/15(Thu) 11:29 | URL  | 野坂らいち #uv1XZDJs[ 編集]
B級だけど、それなりに楽しめたんじゃないでしょうか(^_^;)。 それにしても、最近の邦画は、ほとんどTVドラマの延長線か、原作漫画または本のヒット作、ですね。正直、映画というメディアだからできるオリジナルの映画が見たいです。だって、絶対に原作との違和感が発生しますし、やっぱり原作の方が面白い場合が多いと思います。

>堺雅人さん

僕は、大河ドラマの「篤姫」の時から好きになりました(^^ゞ。なかなか同じベクトルの役者さんがいらっしゃらないようなきがしますし。ちなみに、織田裕二も好きな役者さんの1人です。

口元・・・って男にはない視点じゃないでしょうか。女優さんの好き嫌いって、どこで判断しているかなぁ・・。生意気な感じじゃなければ、どの女優さんも好きだなぁ~(爆)。
2011/09/22(Thu) 07:45 | URL  | しの #-[ 編集]
■しのさん
オリジナルの映画って、ほとんど観たことがない気がします。
確かに、原作を知らない作品を観る時はオリジナルを観ているようなものですが、あとで原作があると知って読むと、大抵は原作のほうが面白いので、原作を先に読めばよかったと後悔することが多いです。

あ、でも役者さんの魅力というものもあるので、出演の役者さんが好みの場合は、映画の方が良いなって思うこともあります。
「サヨナライツカ」は、原作も良かったけれど、ミポリン(←死語ですか?w)、西島秀俊、石田ゆり子さんが好きなので、映画の方が好きです。

堺雅人さんと同じベクトルというと、私の中では小日向文世さんが浮かびます。
が、堺さんはアウトですが、小日向さんはど真ん中じゃないけど好きですw
今、思ったんですが、堺さんって笑う時、いつも口を結んで笑うんですよね。
その笑顔がなんか不自然に感じるというか、苦手の原因のような気がします。
織田裕二さんも話す時、口をちょっとゆがめて話す癖があるように思います。
口が歪むといえば、元総理の麻生さんのことも好きじゃなかったっけ。
口元、大事です。歯は命ww

生意気な感じの女優さん・・・誰かな、柴崎コウさんとか?
それは顔がキツイだけか。
生意気の頂点に立ってるようなエリカ様は、しのさん的にはもちろんアウトですか?w
2011/09/22(Thu) 15:18 | URL  | 野坂らいち #uv1XZDJs[ 編集]
納得いかないぃ~
 早速見たよ。
 えぇぇ~なんか納得いかなかった。
 結局彼はなんで狙われたの?んでもって、誰が仕組んだの?ホンワカした部分はあって良かったけれど、そこがわからん(えっ?あたしだけかな?)。

 >マーヤちんのも教えて欲しいなー。
ていうかバキューンって何?(笑)
ど真ん中ってこと?
 ⇒そうです。ハートがバキューンって打たれたって事。

 >ど真ん中はちょっとそれてるんだけど、最近、向井理さんを見るとドキドキします
 ⇒えぇぇ~あの人も女の子っぽくってダメだわぁ~。
 あたしは仲村トオル、宮崎大輔(ハンドボール選手)が今の所スキ。あぁ~いう目がスキ。でも、今の一押しは『宅間伸』。好みの目と全然違うけど、もぉ~たまらんよぉ。
2011/09/22(Thu) 23:52 | URL  | マーヤ #-[ 編集]
■マーヤちん
彼はなんで狙われたかは、映画でも少し出ていたけど、アイドルを救ったヒーローでみんなの記憶に残ってて、二枚目(←私は認めてないけど!)が犯罪者に転落するのを人は喜ぶというか注目するからって言ってたね。
誰が仕組んだかは映画ではひとことふたことしか出てこなかったけど、副総理の人の陰謀じゃないかと思わせるような場面があったような?
でも、どちらも映画でも小説でもハッキリとは示されてなかったと思うよ。
ハッキリとした答えがないのが、東野圭吾さんの小説に似ている気がしたけど、伊坂さんのは東野さんより明るくて救いのある感じだと思いました。

マーヤちん、仲村トオルくん(←君付けw)かあ。
宅間さんは20代の頃、ちょっとの間好きでした。
マーヤちん、正統派が好きなんだねw
向井理さんは、さっぱりしてて一見草食そうに見えるけど、あの目は肉食の目だと思います。
女の子っぽいかなあ。
見た目物腰柔らかではあるけど、中身はけっこう男っぽそうです。

ハートがバキューンかあ~
一目ぼれとかしないほうなので、あんまりいないなあ。
ずっと見てて良いなって思い始めて、さらに見つづけてやっぱ良いわー!って思う感じ。
アンディ・ラウとか渡辺謙さんとかかな。
でも最近、すごくおっさん化してきてるので、今一番好きなのは渡辺謙さんの娘さんの杏ちゃんですw
2011/09/24(Sat) 00:56 | URL  | 野坂らいち #uv1XZDJs[ 編集]
 > オリジナルの映画って、ほとんど
 > 観たことがない気がします。
オリジナル、久しぶりに見ました!「ヘソモリ」って福井が舞台になっている映画ですが、B級でとってもよかったです(^^ゞ。ぜひ、映画館に行くことをおすすめします。

 > 「サヨナライツカ」
ミポリン(←年代がばれます(^_^;))って好きな女優さんだった(結婚相手がねぇ・・・)ので、いつもレンタル店では気になってたんです。借りてみます。

 > 堺雅人さんと同じベクトル
そうですか、小日向文世が同じベクトルですかぁ~。そう言われると、“口を結んで笑う”って小日向さんもそうかもしれません。ニッコリする、っていうんでしょうか。確かに小日向さんの方が自然な感じがしますもんね。うん、僕も堺雅人のニッコリする顔に不自然さを持った一人かもしれません。ただ、その笑顔が“「内心とは裏腹の笑顔」を表す演技”だと大河を見ていて思ったから、許せたのかもしれません。織田裕二が口が歪む・・・ってのは、あんまりわかりません。僕は、「踊る~」で完全に陶酔しちゃってるので、分からないのかも。麻生さんは確かに口が歪んでましたけど。「歯は命ww」で東幹久が復活してくれたのは、月9世代としてはちょっと嬉しい(爆)。

 > エリカ様
エリカ様は、どちらかというと、ど真ん中です。「パッチギ」とか「クローズドノート」とか、なんであの演技をする彼女がここまで叩かれるの!?と不思議でなりません。演技が上手すぎて、現実の沢尻エリカと映像でつくられた沢尻エリカが乖離しすぎてツラくなったんだと勝手に解釈しています。たとえば、西川なんとかって女医タレントとか、神田うのとか、完全にアウトですね。ってか、女優でもないですね。
2011/09/24(Sat) 08:45 | URL  | しの #-[ 編集]
■しのさん
「ヘソモリ」、何かで宣伝を見て、見たいと思ったのに忘れてましたw
今、やってるんですね!
今週あたり行って観てみようかな~

「サヨナライツカ」は、俳優さんたちの老けメイクがちょっとメイクメイクして老けすぎかもですが(汗)、そのせいでメインの若い頃がキラキラしている気がしました。
あんまり言うと楽しめませんねw
この辺にしときます。

堺雅人さん、その笑顔が“「内心とは裏腹の笑顔」を表す演技”っていうの、そう!、私の印象もそのままなんですよ。
私の場合は、演技というより、それが堺さんの笑顔そのものって見てしまってますが。

だから、「良い評判で患者さんからの信頼も厚いけど実は裏ですごく悪いことやってる医者」とか、そういうのは上手だと思うけど、ゴールデンスランバーの青柳くんは根っから良い人っていうか、裏がない感じの笑顔の人のほうがよかったかなーって。
ま、面白かったので良いですけど(笑)
織田裕二さんはよく考えたら口角下がってるだけかも?

エリカ様、ど真ん中なんですね!
ちょっとビックリしました。
実は・・・「クローズドノート」、DVDを借りる度にCMが入ってて、気になったので借りてみたんです。
でも、最初30分くらいでエリカ様の演技に耐えられなくなって観るのをやめてしまいました・・・。
良さそうな映画だったので最後まで観ようと努力はしたのですが><
「手紙」の時も思ったのですが、エリカ様は美しすぎて目立ちすぎるのもある上、気の強いところが演技に出てしまってる気がします。
モデルとして見ている分にはすごく美しいので良いんですけど、控えめな役っていうか、前に出ないタイプの女の子の役(日々コツコツと万年筆売ってるような)は向いてないような・・・。
でも、しのさんのど真ん中なら、まだ観ていない「パッチギ」を観てみようかなあ。
どんな映画なのかまったく知らないけど、「パッチギ」も何だかんだと目にします。

>西川なんとかって女医タレントとか、神田うのとか、完全にアウトですね。

なるー、この辺が生意気エリアの人たちなんですね!w
確かに・・・手ごわそうな面々です(汗)
でも男性目線と女性目線ではやっぱりちょっと違うのかもって思いました。
西川なんとかさんも神田うのさんも、確かに気は強いだろうけど意外ともろそうで、不器用とか意地っ張りって感じです。
本当は愛が欲しいマテリアルガールって感じ。
気を許した恋人に対してはすんごく甘えたりしそうw
2011/09/27(Tue) 10:49 | URL  | 野坂らいち #uv1XZDJs[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。