写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年11月01日 (火) | 編集 |
私の最近の趣味は、乳酸菌の培養ですw
きっかけは、乳酸菌のうちの一つである1073R-1という菌がインフルエンザ予防に有効だというTVの報道でした。
早速ネット検索したら、明治乳業から発売されているヨーグルトにこの菌が入っているとのこと。
10年以上作り続け、食べ続けているカスピ海ヨーグルトの他に、新たにこのヨーグルトも自分で作って食べ続けることにしました。

1073R-1の培養実験市販のヨーグルトを半分食べて味を確認、残り半分に牛乳を混ぜて放置します。
2日後にヨーグルトが出来ていました。
2回継ぎましたが上手く培養出来ているようです。

カスピと比べると味が違います。
買ってきたR-1と同じ味です。
・・・が、一般家庭では乳酸菌の種類を特定することが出来ないので、本当にR-1が培養されているのかは分かりませんw
でも混ぜて放置するだけで、フツーに食べられるヨーグルトが出来るので、菌の培養が楽しくて仕方なくなってきました。
調子に乗って、LG21も買ってきて培養を始めました。

培養中~ちょっと調べてみたら、LG21は嫌気性の菌らしく、酸素のある場所ではうまく培養できないのだそう。
いちおう、牛乳を混ぜる時になるべく空気を含まないように混ぜて、放置の際は牛乳の水面?にラップを乗せて空気が触れないようにしておきました(←気休めw)。
左のお皿のはR-1を豆乳に混ぜた豆乳ヨーグルトの試作品。

豆乳ヨーグルト豆乳でもちゃんとヨーグルトが出来ました。
牛乳で作るより若干早く出来上がります。
味はヨーグルトというよりまさに豆乳w。
はちみつを掛けると食べやすいです。
牛乳ばかりを摂り過ぎるのも良くないと思うので、食べる半分を豆乳ヨーグルトにしようと思います。

ちなみに、1073R-1のヨーグルトがなぜインフルエンザ予防に良いか?
ひとことで言うと、「この菌を食べると免疫力が高まるから」です。
ちょっと詳しく説明すると・・・
まず、1073R-1が多糖体(EPS)というものをいっぱい作るのだそう。
この多糖体(EPS)のうち酸性EPSが、細胞に免疫系伝達物質IFN-γ(インターフェロン-ガンマ)を作るように働きかけるのです。
こうして作られた伝達物質がNK細胞(ウイルスを攻撃、破壊する自然免疫系の細胞)を活性、ウイルスをやっつけるというわけです。

1073R-1は多糖体(EPS)をいっぱーい作る菌だそうですが、R-1以外の菌も多糖体(EPS)を作っているそうで、カスピ海ヨーグルトもその一つです。
そういえばカスピ海ヨーグルトをまじめに食べるようになってから、風邪を引いてない気がします。
ジョギングの効果もあるとは思いますが、ヨーグルト効果も大いにあるように思います。
プラシーボ効果もなかなか侮れないので、これからも出来るだけ多くヨーグルトを食べるようにしたいと思います。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
no title
私もR-1培養しよかと思ってたらこのページに辿り着きました。
冬は寒くてヨーグルト辛くないですか?私はそれで、カスピ海をダメにしてしまいました。
なにやら希少価値の高い種だっただけに残念無念ですorz
2011/11/21(Mon) 16:12 | URL  | John #3vyHC9jw[ 編集]
■Johnさん
はじめまして。
コメントありがとうございます^^

R-1、継ぎ足し培養もできているのですが、本当にR-1が培養されているのか分からないので、10回くらい継いだら食べ切って、新しく購入したもので培養するようにしています。

ヨーグルト、やはり気温が低くなると出来上がるまでに時間がかかりますね。
私は暖房機近くの暖かい部屋に置いたりして対応しています。

いろいろ作ってみて分かったのですが、カスピ海の菌は他の菌よりも強いです。
数年前にヨーグルト離れしている時に冷蔵庫で半年以上寝かせてしまったのですが、再度作り始めたときにも上手く発酵してくれました。
この間なんか、手違いで全部食べ切ってしまい、慌てて容器に残ってたカスピ海ヨーグルトをかき集めて復活させました。
爪楊枝にほんのちょっとしかかき集められなかったのに、それを小さじ1の牛乳で培養し、固まったのを50ccの牛乳で・・・と復活できたのが信じられないくらいでした。

カスピがダメになったというのは・・・固まらなかったってことでしょうか?
ひょっとしたら、温度が低かったから時間が掛かってただけで、死んではいなかったのかもしれませんよ?
強いとは言え生き物ですから、私もダメになったときのために、カスピはを友人知人にばら撒いていますw
Johnさんももし今度手に入ったら、周りにばらまいておくと良いですよ^^
どうしても手に入らない時は、送料をご負担頂けましたら、私ので良ければお分けします(笑)
2011/11/21(Mon) 18:47 | URL  | 野坂らいち #uv1XZDJs[ 編集]
no title
こんにちは。

ダメにしてしまったのは、冬は寒くて食べるのが辛かったのです。
で、ずーーーーっとほったらかしにしてたら、乾燥してチーズになってしまいましたorz

R-1はインフルエンザの予防に良いらしいので、培養できるといいなと思っています。
売ってるやつは、プレーンではなく、甘いのが苦手です。
2011/11/22(Tue) 08:40 | URL  | John #-[ 編集]
■Johnさん
こんばんは。

寒くて食べるのが辛かったのですかwww
そうですねー、冷たいと食べるの辛いですね><
なので私は、お風呂に持ち込んで食べたり、常温で作って冷蔵庫に入れないのをそのまま蜂蜜かけて食べたりしてます。
実を言うと、行儀が悪いですが、お風呂で食べるのが良いのではないかと思っています。
腸を温めつつ、菌を体内に入れる・・・
菌が喜んでいるような気がしますw
胃酸でほとんどの菌は死んでしまうらしいけれど、元気に送れば腸までたどり着く菌も少しはいそうです。

> で、ずーーーーっとほったらかしにしてたら、乾燥してチーズになってしまいましたorz

チーズですか!
それは・・・ほったらかしすぎですwww
私は半年放っておいたけれど、チーズにはならなかったですよ(汗)

> R-1はインフルエンザの予防に良いらしいので、培養できるといいなと思っています。

私も同じ理由で培養し始めました。
買ってきたのを半量と牛乳、豆乳で作っています。
一番最初に培養したのは元のヨーグルトの糖が残っているのか、少し甘いですが、継いでいくと甘さがなくなります。
Johnさんは甘いのが苦手なんですね。
培養向きですね~。
私は甘いの好きなので、フルーツと食べたり蜂蜜入れたりです。

そうだ、どこかのサイトか記事で見たのですが、R-1の作る多糖体がインフルエンザ予防に良いらしいですが、カスピ海ヨーグルトもその多糖体を作るそうですよ。
カスピを食べている人のインフルエンザ感染率も誰か調べてくれないかなあって思います。
2011/11/23(Wed) 01:28 | URL  | 野坂らいち #uv1XZDJs[ 編集]
no title
こんにちは。

>カスピ海ヨーグルトもその多糖体を作るそうですよ。
ま、マジですか?!

じゃあ、カスピ海の方がいいじゃないですか。
だって、R-1はホントに培養できてるか、判断しかねるところがありますが、
カスピ海はあのねば~っとした感じは100%カスピ海と思えるのだもの。

うちの嫁さんも必ずジャムやらを投入して食べています。
ちなみに、ジャムも私のお手製です!
季節ごとに「いちご」や「ブルーベリー」「イチジク」「桃」「文旦」などなど、作るのです。今の季節はジャムとは言いがたいですが、生姜シロップを仕込もうかと思案中です。
2011/12/01(Thu) 09:52 | URL  | John #-[ 編集]
■Johnさん
おはようございます。

言われてみればそうですね。
カスピ海は特徴ありますから、培養できてるかどうかが分かりやすいw

カスピ海がR-1と同じ多糖体を作るっていう記事、どこで見たのか検索しましたがバッチリなのはヒットしませんでした。
本で見たのかな・・・
とりあえず検索できたのは下記サイトなのですが、ハッキリとそれと載ってないけれど、まあカスピ海も免疫力を高めるのは間違いなさそうです。

http://diet.goo.ne.jp/member/topics/0211_no5/1.html
http://heartfuls2.blog105.fc2.com/blog-entry-126.html

2つ目のサイトでは、私は初耳のナリネ菌という乳酸菌が紹介されていて、ナリネ菌の多糖体の働きはカスピ海の数倍だと記載されています。
てことは、カスピ海は少なくともここに書かれている効能の数分の1の力は持っているということになるのかな?って思います。
単なる商品紹介のページで、根拠となる文献などが載ってないのが怪しい気もしますがw、書いてることは多くのサイトのものと変わらないので根拠はどこかにはあるのかなと思います。(あくまで想像の世界w)

ところでJohnさんはジャム作りをされるんですね!
季節ごとにジャムを・・・素敵じゃないですかー!
「いちご」、「ブルーベリー」、「イチジク」、「桃」、「文旦」・・・
どれも聞いただけでうっとりします。
奥さんが羨ましいですw

生姜シロップ、私もこの間畑でとれた生姜を使って作ってみました。
気が向くと記事にするのですが、その時は別のものにはまっていて記事にしなかったようです。
そっか、ヨーグルトにかけるのも美味しそうですね!
ちなみに私は下記レシピを参考にしました。
http://cookpad.com/recipe/1172225

生姜シロップを仕込むと蜜漬けにされた生姜が残るのですが、
それをどう捨てずに使うかが目下の悩みどころです。
煮物や生姜焼の時にぼちぼち使ってますが減らなくて(汗)
2011/12/02(Fri) 08:50 | URL  | 野坂らいち #uv1XZDJs[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。