写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年01月13日 (金) | 編集 |
相当ややこしかった・・・。
ややこしかったのは、先生の説明で完了形とか単純形とか結果用法とか継続用法とか、分類がいっぱい出てくるから。
ようやくまとまったので、あとでまとめに書く。

日本語の過去形と英語の過去形の考え方の違いは良く分かった。
つまり、

「He bought a car last month.」(彼は先月、車を買いました)

では今現在、彼は車を持っているでしょうか?
1.持っている
2.持っていない
3.分からない

という状況のとき、
日本語では、変に身構えたりせずに普通に考えると、1と答える人が一番多く、次に3が多い。
英語では、おそらく3が一番多く、次に2と考える人が多いのだそう。
これは、日本語では過去形で話されたことは基本的に今現在も継続しているだろうと考えられるのに対し、英語では普通、今現在継続していないと考えられるという違い。

日本人が考える「彼は先月車を買ったんだよ(今も持っている)」は、英語では現在完了形(have+過去分詞)で「He has bought a car last month.」と言う。

■今回のまとめ
○過去形
1.そのできごとがいつ行われたという事実だけを述べる文
2.通常そのときがいつかを示す語が付く
3.過去は過去、現在の情報は含まれていない
(He bought a car last month.)

○現在完了(have+過去分詞)の結果用法
1.主に動作動詞(buy,eat,watchなど)について
2.いつを言わずあるできごとだけを述べる文
3.そのことから生じた現在の状態を暗に伝える
(He has bought a car.)←今も持ってることを暗に伝える

○現在完了(have+過去分詞)の継続用法
1.主に状態動詞(love,know,wantなど)について
2.いつを言わずあるできごとだけを述べる文
3.そのことから生じた現在の状態を暗に伝える
4.期間を示す副詞を伴う
(He has long lived beyond seas.)
5.動作動詞を継続用法で使う時は、動作の継続について述べているのではなく、習慣、人柄、能力、職業について述べている
(He has smoked these ten years. )←10年間四六時中吸い続けているのではなく、習慣について語っている

○持続型完了
現在完了の結果用法と継続用法をまとめて、この教科書では持続型完了と呼ぶ

○現在完了進行形(have+been+現在分詞~ing)
1.あるできごとが今までずっと続いていることを述べる
2.大抵、期間を表す語句が入る
(It has been snowing since last night.)←昨夜からずっと雪が降り続いている
3.または、あるできごとが少し前に終わったがその影響が残っている状態を述べる
(It has been raining.)←ずっと雨が降り続いていた(今は止んだけど余韻あり)

※完了形はあるできごとが今までずっと続いていることを示すがこれから先を保障しない


それにしても、ややこしい。
「He bought a car last month.」
「He has bought a car last month.」
どちらも「彼は先月、車を買いました」なんだもんね。
差をつけるために「He has bought a car last month.」を「彼は先月、車を買ってしまった」と教えることもあるらしいけど、先生はそれは誤訳だという。
先生の言う英語の発想ならば、確かにそれは誤訳だと思った。

過去の出来事を英語で話したり話された時は、そのことが今も継続しているかどうかに気をつけて言葉を選ばないといけないんだって良く分かった。
単純に、日本語の過去形=have+過去分詞って感じで話せば良いんだろうけど、これまた英語の過去形と現在完了の使い分けにちょっと悩みそうでもある。

こういうのって無意識の領域だからかなり難しいけど、慣れかなあ。
日本人が英語苦手なわけが何となくわかった。
発想自体が違うということは、無意識だった部分を意識しないといけない。
慣れるまで練習かな、これは。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。