写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年07月30日 (月) | 編集 |
第4章 近代と人種の生成

※キーワード
○人種
○セクシュアリティ
○啓蒙時代
○強制収容と補償
○形質人類学

人種について、生物学的実態はなく、あくまでも社会的に作られてきた概念である

4人この4人の女性は、一見、アフリカ系、ヨーロッパ系、東洋系、アメリカ系に見えるけれど、化粧と髪型を変えた同一人物。
いかに人種的にそう変わらないかということがわかる。

人種間の違いはないに等しいものなのに、人が違いを強調してきたのは、他者より自分たちの方が優れているとする根拠を作るため、だったのだそう。
奴隷制や移民受け入れなどの社会的な問題の中で、自分たちが優位に立つために、人種という区別を作って差別をしてきたことを思うと、人間ってほんと、ちょっと油断すると自己本位に走ってしまって、愚かな考えをもっともだと思ってしまう単純な動物なんだなあと思う。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。