写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年02月06日 (月) | 編集 |
レビューの評価が良かったので観てみました。
すごく良かったです。
恋愛映画で、障害者映画といわれているけれど、私にとってこれは恋愛映画です。
恋愛には大なり小なり困難がつきもので、その困難がこの場合、主役の女の子の足の障害だっただけ。

出会いから、恋愛のはじまり、頂点、陰り、逃げ、そして別れとその後。
楽しいだけの時期を過ぎ、現実が見え始めた時、そこで逃げるか乗り越えるか。
決断を迫られる時は必ず来るのです。
生きることの中に恋愛があって、乗り越える方法の一つに逃げることも含まれるのだと思います。
そして乗り越えればまた、次の試練がくる。
そうやって生きてゆくのだなあって。

主演の妻夫木聡さんと池脇千鶴さんがすごく良かったです。
登場人物は主役から脇役まで、しっかりとキャラが際立っていてとても魅力的。
観て欲しいから、あんまりネタバレしないw

ラストのとても切ない気持ちを、颯爽と風を切るジョゼに救われた気がします。
良い映画です。

goo映画「ジョゼと虎と魚たち」
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。