写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年07月26日 (木) | 編集 |
第5章 身体をめぐる脳科学と現象学、因果と志向性

※キーワード
○触れる身体と触れられる身体
○随意運動と不随意運動
○「遠心コピー」と未来予持
○何かに向けられた志向性
○脳科学と現象学の方法
○因果関係

自分で自分をくすぐるのと、人にくすぐられるのとでは、くすぐったさが違うことについて

~現象学では~
自分でくすぐる場合には、過去の経験からくすぐることがどういうことかが未来予持によって予測されていて、それにピッタリな感じが予測通り与えられるからくすぐったくなく、他人にくすぐられる場合にくすぐったいのは予測が立っていないからだそう。

~脳科学では~
遠心コピーとしての予測が、実際に与えられる感覚入力よりも早く感覚受容領域に待ち構えていて、くすぐったいという感覚入力を抑制するか打ち消すので、世界が安定し、くすぐったくない。

○何かに向けられた志向性
受動的志向性としての未来予持とは
気づかずに、無意識にしていた未来予持、何であるかを意識しない未来予持のこと

能動的指向性としての未来予持とは
これが何であるか?という時のように、意識して知覚する時の未来予持のこと

受動的運動感覚とは
意図せずに自然に本能的に起こってしまっている運動感覚のこと

能動的運動感覚とは
動かそうという能動的な運動の際に感じる身体が動く運動感覚のこと


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+*

んー・・・
先生は、現象学でいう未来予持による予測と、脳科学でいう遠心コピーによる打ち消しとが違うというけれど、私には同じとまではいかなくても似たようなものと思える。
それに、他人にくすぐられる場合も、他人にくすぐられるとはどういう感じか過去の経験から分かっているから、未来予持できそうなものだと思う。
これは教科書の例がイマイチだったんじゃないかなあ?
理解しづらい。

「脳科学では、因果関係、客観的時間軸で説明をする」
「現象学は、因果関係で説明をしないで、自分に与えられている意識現象に注目する」

虫歯の詰め物がとれた時、舌で触って感じる穴の大きさと、実際鏡で見る穴の大きさについて、脳科学では、これくらいの大きさであればこれくらいの詰め物が必要といった客観的ものの見方をするのに対し、現象学では舌で触った穴の感じや大きさの感覚に注目する、無意識に舌で触っている時と、意識して穴の大きさを確かめるために触っている時の感覚の違いの話をしてるってことかなあ?

やーやーこーしーいー!

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。