写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年07月25日 (水) | 編集 |
第3章 「過ぎ去りつつ残るもの」と「気づかれない予感」

各自に直接与えられている「感じ」や「考えの仕組み」を、各自の内面にどのように与えられているかを、はっきりさせようとするのが現象学。
視角、聴覚、触覚、運動感覚などの感覚において、無意識と意識している時(変化を感じる前後)の時の流れの仕組みについての説明が丁寧にされていて、ほほう、と思った。

次の4つのキーワードについて、今回も、じっくり(ねっとりw)説明。
○感覚の変化と時の経過
○仮現運動
気づかない以前が残ること、過去把持(かこはじ)
気づかずに予感する、未来予持(みらいよじ)

過去把持とは
「サクラ」という音のつながりを聞くとき、「サ」の次に「ク」を聞いたときにはもう、前の「サ」の音は聞こえていない。
「サ」を「ク」の前に、「ク」を「ラ」の前にそのまま記憶に留めておくのを過去把持という。

「つるつる」か「凹凸」かで言えば、最初の「つる」が残って次の「つる」がきて、つるつるだと思い、最初に「凹」がきてその感覚を保持したまま「凸」が来れば凹凸だと思う。

未来予持とは
ある状態を意識にのぼらせることなく予感していること
歩いていて何かにつまづいて転んだ時、歩いている時に「地面の平坦さとその硬さ」を無意識に予感していたことになる
転べたのは、意識にのぼっていない予測があって、体重をその足元にかけたから。

本を読んでいて停電になったとき、気に留めていなかった電球の明るさと停電の暗さに気づく。
電球の明るさは無意識に、過去把持されていて、未来予持されていた。

仮現運動とは
パラパラ漫画や、左右の小さな電球を別々に点滅させると、ある速さから左から右へ光が動いているように見える現象などのことを、仮に運動として現れているという意味で仮現運動という

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+*

哲学から他の学問が次々に分かれていった・・・っていうの、なんとなく理解できる。
今回の過去把持や未来予持、それから仮現運動についての不思議を解明していくのが、脳科学とか医学、心理学なんかになるのかな。
教科書に、「今述べたことは、単なる理屈、悪く言えば、屁理屈、言葉の綾、言葉をひねくり回している哲学屋の戯言、かっこよく言えば、形のないものをめぐる『形而上学的思弁』と批判する方がいらっしゃるかもしれません」と書いてあったのが笑えたw
やっぱりそういう風に言われること、多いんだろうなあwww

言われてみればー、そういえばよく考えてみるとー、だけど別にそんな深く考えなくても?・・みたいなことだもんね、哲学って。
でも、何でも考えることから始まるからね。
こういうことを考えるのも、無駄ではないと思う。
時間があればw
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。