写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年07月31日 (火) | 編集 |
第6章 民族・国家・植民地 -グローバリゼーションの視点から-

※キーワード
○植民地
○国民国家
○民族
○アイヌ民族
○近代主義


中国の3期に渡る少数民族「識別」の理由
1.国家の安全保障
  少数民族が住んでいる地域が国境に近いため
2.豊かな天然資源
  少数民族が住んでいる地域に天然資源が多い
3.少数民族側にもメリット
  少数民族側が認定して欲しいと希望していた
4.漢民族についての論争

※問題点
・認定された56以外の民族も存在する
・政府の認定と原住民の意識、認識のズレ

多文化共生とは
「多文化」+「共生」
海外のマルチカルチャリズムと在日コリアンが同化を強いられることによった共生という言葉を組み合わせた言葉
「様々な文化背景を持つ人々が、台東で調和的な関係を築き、互の文化の違いを尊重しながら、社会の一員として、共に生きること」滝沢先生

※問題点
・滝沢先生の定義は理想ではあるけれど、マジョリティとマイノリティの力関係は・・・?
・マジョリティと共生するにあたって、マイノリティのアイデンティティの確保について

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+*

中国と日本の民族問題、多文化共生についての話だった。
外国人を見かけることが多くなったなあ、っていう、その普段の生活の背後にいろんな問題があること、マジョリティ側の強制でなく、個々を大切にしながらバランスを取って歩み寄ることがとても難しいということ、その難しい問題に取り組んでいる人たちがいることがわかった。
いろんな問題はあるけれど、それを可能性、プラスにしていくことも可能で、そのためにはやはり対話と関わり合いが必要なのだと思う。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。