写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年08月03日 (金) | 編集 |
IMGP5244.jpg
試験で延び延びになってた、梅干の土用干しをしています。
土用の日は過ぎてるけど、気にしなーい。
左側が塩分10%ので、右が塩分5%+蜂蜜。

ブログ記事にはしてなかったけど、7月17日にしそ漬けしました。
写真があるので、いちおう工程をアップしときます。

IMGP5048.jpg赤紫蘇に塩を入れて、ひたすら揉みます。

IMGP5050.jpg押して揉んでしてると、あのヒラヒラの紫蘇から、アクを含んだ水が出てきます。

IMGP5053.jpgアクを含んだ水を捨てながら、更に揉むを繰り返すと、アクがなくなってくるので、これくらいになったらOK。
梅酢を少し取り出してかけると、綺麗な赤紫になります。
写真撮り忘れた><

IMGP5058.jpg梅の上に乗せて、しそ漬け作業終了。
私はカビが生えるのを防ぎたいので、この上から重石を乗せて、梅と紫蘇が梅酢に完全につかるようにしておきました。


IMGP5246.jpg塩分10%のは途中、一度カビが生えかかってたので日に当てて消毒。
無事に復活して、土用干しに漕ぎつけることが出来ました。

IMGP5245.jpg蜂蜜の方は、塩分濃度が低いからか、なんとなーくアルコール発酵している気がする・・・。
おかげでカビませんでした。
塩分10%のものと色が違うのは、10%のは一度日に当てているからか、それともアルコール発酵が原因か、現時点ではちょっとわかりません。
日光に当てると色が濃くなるそうなので、蜂蜜のほうもこれからもっと赤くなるのかも。

2日間、朝並べて昼に裏返し、夕方取り込みます。
3日目は、朝並べて昼に裏返して、夜通し外で干します。
干し上がったら梅酢にくぐらせて瓶で保存します。
その後1ヶ月くらいして味が馴染んだら出来上がり。

出来上がりが待ち遠しい。
でも、2年くらい置くとまろやかになってすごく美味しいんだよね~。
2年前に作った梅干がまだ残っているし、ツーデーマーチの参加賞でもらったものもあるから、それを消費しながら熟成を待とうと思います。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。