写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年08月20日 (月) | 編集 |
動物虐待について、友達がFacebookに書いていて、酷い、でも、私たちは動物を食べているし、っていう話もしてた。
その記事へのコメントである人が、家畜動物に反対なのでベジタリアンですと書いていた。
それについて、今日思ったこと。

私は、猫と一緒に暮らしているし、畑をしている。
菌が好きだから、ヨーグルトや糠漬けやパンを作ったりしている。
動物、植物、菌を育ててみて感じるのは、みんな生きたがっているということ。
生きて、増えたがっている。
人間と同じ。

だから、動物が可哀想だからベジタリアンとか、そういう考え方に素直に「そうなんやー^^」って言うことができない。
動物が可哀想なら、野菜も可哀想だし、私たちが健康のためとか言って食べてるヨーグルトの中の菌だって、もっと生きて増えたかったに違いない。

腸まで届くなんてウソよっ!
そんなのよっぼど運の良いラッキー菌しか行けない。
殆ど胃で酸まみれになって死んでしまうんだからぁぁあーーー! by菌(妄想)

動物が可哀想的ベジタリアンだったベトナム人の友達に、
「野菜も生きてる。動物が可哀想というなら、野菜だって可哀想だ」
と言ってしまって困らせてしまったことがある。
言わなくて良ことだってのは知ってる。
けど、仲の良い友達だと、思ったことを言ってしまう。

友「そんなこと言ったら何も食べられなくて死んでしまう」
私「だから、野菜を食べるなら動物も食べれば良くて、そして感謝してその分幸せに生きれば良いと思う」
という話になって、
「でも、きっとそう思っているなら動物を美味しく食べることはできないと思うから、だったらベジタリアンで良いよね。野菜を殺していることもちゃんと自覚してありがたく食べよう」
と、話は落ちるべきところに落ちてまとまった。
やれやれ(笑)
友達が、ちゃんと話に最後まで付き合ってくれる良い人で良かった。
ありがとう。
私は友達に恵まれてる。

前に、檀家になってるお寺さんの研修みたいなのに参加して、生き物の命は同等って話をしてたのに、飼ってた猫の骨を墓に入れてはダメと言われ、「え、なんで?」って思ったことがある。
おかしくないですか?
おかしいと思うの、私だけ?
研修を受けていた人達は、「それはね~w、人と動物は違うしね。別のお墓建てなきゃ。ね?^^」と言ってた。
だって、生き物の命は同等って言ってたやん。
違うの?違わないの??どっち?

私を子供だとか真っ直ぐだとか言う人がいるけど、私は大人だし、別に真っ直ぐでもない。
空気が読めないわけじゃないと(自分では)思っているし、社会がどんなふうか、どんな風に振舞うべきかもわかってる。
お寺の研修でも、「そうなんですね。やっぱりそうですよね^^変なこと聞いてすみませんw」と話を終わらせた。
やればできるのだ。

世の中には、本音と建前があり、しきたりがあり、法律があり、常識や義務があり、想定内だの想定外だの、それらは素晴らしく矛盾に満ちている。
人間が作っただけあって、ほんと不完全。
たまに気持ち悪い。

矛盾や疑問に思ったことを、考えないのはダメだ。(面白くないからねw)
けど、考えすぎてはいけない。(病気になってしまう(笑))
ほどよくこだわって、ほどよく許す。
あれこれ考えて、とりあえず65点くらいのオチをつける。(続きは次回に持ち越し)
時々こんな話を一緒にしてくれる友達がいて。
ブログに書いて、読んでくれてる人が、いたり、いなかったり。
そんな感じがええ塩梅っていうのかなって思う。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
NoTitle
おあとがよろしいようで。

人間が作った世の中だから、不完全ってのがいいですね。神様が作り出したものは、完全なものが多いような気がします。人間が理解できないだけなのだと。


すいません、久しぶりにコメントしてました。まだ生きております(^^ゞ
2012/08/25(Sat) 15:12 | URL  | しの #-[ 編集]
■しのさん
お久しぶりです^^
コメントありがとうございます。
読んでくれてる人いるのか~と、嬉しく思いましたw

神様が作るものは人間中心ではなくて、世界全体で完全になるようになってるように思います。
人間は人間中心でものを考えるから、不完全になるのかと。
人間も動物の一種なんですよね。
忘れないようにしないと。
2012/08/26(Sun) 23:38 | URL  | 野坂らいち #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。