写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年09月05日 (水) | 編集 |
面白かったです。
たぶん、ネットで誰かのブログかどこかのレビューを見て衝動買いした本。
唐突な引用が多く、内容も深く、主人公の職業や生きている世界(雑誌編集長)が私の日常とは重ならない部分もあるので、読むのに時間がかかりました。
途中忙しかったのや、じっくり思考しながら読みすすめたのもあるけど、それにしても時間がかかった・・・。

この本を読み始めたのは、ツタンカーメン展の入口で2時間待ちの行列に並んでいた時。
最初は普通に読み始めたのだけど、”フジサキリコ”が部屋に入ってきて、”僕”が「すぐに始めますか。それとも少し一緒にお酒でも飲みますか?」と言ったくらいから、これはツタンカーメン展の入口で大勢の人に囲まれながら読む本じゃないな、という予感はしましたw
予感は当たって、その後すぐ、人ごみの中では本を大きく開いて読めないようなwww話になっていきました。

この本を読んで、一人の人間の人となりを見る時、その人の性の部分を知ることはとても重要なのかもしれないと思いました。
いやらしい意味じゃなくて、ていうか、いやらしい意味も含めてw、人にはいろんな顔があり、その中には必ず性的な部分が含まれていて、そこって結構本質的な部分、その人の根っこに関わる部分だと思うのです。

本は、小説だけど小説じゃないような、すごく面白い本です。
世の中の、綺麗なところと汚いところは表裏一体になっていることとか、目に見えている物事の向こう側に、知らなかった多くの問題があること、日常、こうやって過ごしていることが見ぬ振りの連続であることについて、考えさせられる本でした。

時間と気持ちに余裕がある人や、とにかく活字中毒で読みたい病の人は一度読んでみてください。
この本を読んだ他の人の感想にすごく興味があるし、この作者の他の本も読んでみたくなりました。
知りたい病を発症し、白石一文さんをTwitterでフォローしましたよーww
「今何読んでるの?」って訊かれた時に、タイトルを言うと引かれるんじゃないかとw、ちょっと躊躇してしまうタイトルではあるけれどw、なんかほんと、私も、「この胸に深々と突き刺さる矢を抜きたい」と思う今日このごろです。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
NoTitle
以前、ツイッターで勧められて、白石さんの別の本(僕のなかの壊れていない部分)を読みました。読み始めて、通勤電車で読む本じゃないなと思いました(笑)
性的な描写をしつっこく書く人ですが、それは彼の作品に必要なものなんだろうなあと思います。欲に溺れるけど救われたくてのたうちまわってるのが俺だ!みたいな。
女性陣の描写に男性作家らしいロマンチズムを感じましたが、読み始めたら止まらなくて結構一気に読んでしまいました。癖はありますね!正直たまにいらっときました。でも読んじゃうので余計にいらっときます(笑)
この胸に~、私も読んでみます。
2012/09/06(Thu) 23:16 | URL  | ハル #-[ 編集]
■空猫ちゃん
僕のなかの~も通勤電車で読めないのかwww
白石さんの本は基本的にそうなのかな。
別なのも読んでみんとあかんな~。

確かに、性的な描写、かなり細かく書かれてたかも。
私も空猫ちゃんの言うように、それに関わる心理的なところがこの作品にとって必要なように思いました。
で、肉食系な私としては、作品だけじゃなくてリアルな実生活においてもそれが必要、というか、性的な部分で人の本質を見ることが出来るんじゃないかという気がしたわけです。
逆から見ると、普通の生活の中にその人の性的な部分を垣間見ることができるというか。
全ての人間活動がリビドーの変形と言ったフロイト(だったかな)も、おそらく肉食(または隠れ肉食、むっつりとも言うw)系男子だったのではと思いましたw

僕のなかの~は読んだことがないけど、たまにいらっときたなら、この胸に~を読んだらもっともっといらっとするかも(汗)
引用の唐突さや性描写や思考の揺れなんかについて、いらっとしてる感じの感想も多いっぽいから。

本、急がないなら野菜と一緒に送るよー。
そんで、読んだら次きうちんに送りつけてもらうのも良いなって思ったりw
上下巻あるから好みじゃないとアレだけど、私と違って二人共読むの早いから、さらっと読めるかもしれないね。
2012/09/07(Fri) 13:42 | URL  | 野坂らいち #ftpII.ds[ 編集]
のーさん
こんにちは。

白石一文氏の作品としては以前、「私という運命について」を読みました。
ラストが独創的で、面白かったです。
でも、性描写は、あまりありませんw。

「この胸に深々~」を求めて、駅前の本屋とブックオフに行きましたが、在庫がありませんでした。
きうりさんの次ぐらいに送ってもらえたら嬉しいな(笑)
2012/09/08(Sat) 16:42 | URL  | DILI #/I6ykovo[ 編集]
■DILIさん
では、来週空猫ちゃんに回覧板として送りますw

人ごみで堂々と大開きして読める作品もあるんですねwww
ということは作品によるのかー。
どの作品も評価がなかなか良いですね。
いろいろ読んでみなければっ
2012/09/09(Sun) 00:17 | URL  | 野坂らいち #ftpII.ds[ 編集]
NoTitle
本によって描写レベルが違うんですねー。

全然急ぎませんよー!ほかの白石さんの著作を読んでのんびり待っておきます(笑)
2012/09/12(Wed) 21:12 | URL  | ハル #-[ 編集]
■空猫ちゃん
うん、他の作品も面白そうだね。
とりあえず、荷造り途中までやっております。
ちょいまちー^^
2012/09/13(Thu) 01:55 | URL  | 野坂らいち #ftpII.ds[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。