写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年09月07日 (金) | 編集 |
好きな人に、異性として好きとまではいかなくても、人として好意を持ってもらうのは、実は簡単なことではないかと思う。

1、自分を含めた全ての人に対して平等な視点でものを見ること
2、20%~50%くらい、好きな人に対して優遇をすること

1をクリアした上で2をされて、その人に好意を持たないことは難しい。
平等であるはずの信頼おけるその人から優遇されるなんて、とても気持ちの良いことだから。
基本1なので、もしも自分が間違っていたときは優遇ゆえのやんわりさでもって諭してくれるに違いない。
そういう人は自分の中で、”普通の人”や”どうでも良い人”よりは”大切にしたい人”となるように思う。

Aさんが、好きな人に好き好き言い続けてこっぴどく振られたのだけども、誰が見てもそれは最初から無理な恋だったと思う。
まず、1がまったくもってできていなかったことが第一の敗因。
本人は自分が1を出来ていたと思っているようだけど、それが実は大きな勘違い。
視点が一方向だったことに気づいていなかったのが痛いのである。

1の、自分を含めた全ての人に対して平等な視点でものを見ること、というのは、相手の立場に立って相手の気持ちを考える、ということでもある。
自分に感情があり、したいことしたくないことがあるように、相手にも相手の立場や思いがある、ということが根本にある。

Aさんは好きな人には好き好きと押しまくっていたけれど、自分に近づいてきたBさんのことは、「寄って来ないで欲しい」、「同じ空気を吸っていること自体気持ち悪い」とケチョンケチョンに言い捨てていた。
自分→好きな人への思いは、Cさん→自分への思いとは別物と思っていたかいないかは分からないけれど、平等とは程遠いAさんなのだった。
Aさんの好きな人がCさんと友だちだったこともあり(Aさん既知)、当然のごとくAさんは振られた。
そりゃそうだろう、と思うけど、本人は気付いてない。

上記の例は極端だとは思うけど、人を好きになるとなんでか人は平等な目というのを失いがちになるようだ。
好きな人に冷たくされている人、ウザがられている人は、なんで冷たいの?と思う前に、自分を振り返って見たほうが良いと思う。

好きな人の気持ちを、自分本位に変えようとしていないか?
良かれと思っているそれは、本当にその人が望んでいることか?
自分の気持ちを一方的に押し付けていないか?
相手の立場や思いはもちろん、その時の状況や体調を考えているか?
逆に好きな人に気を使いすぎて相手にも気を使わせていないか?

一生懸命になることは素晴らしいことだと思うけれど、自分や周りやあろうことか好きな人の思いを見失ってまで一生懸命になるのは逆にとっても見苦しい。
好きになってもらえるはずがない。
恋愛相談でもよく、「視野を広くもって」とか「好きになってもらえる魅力的な自分になろう」とか、ほら、あるじゃないですかw

まずは1。
客観的な視点を(基本的に)忘れないようにしたい。
(基本的に)と書いたのは、時々、たまーに忘れて自分本位になる程度なら、人間らしくて私は好きだなって思う、個人的な趣味からです(笑)

ということで、エラソーに書いてみました。
ちなみに私、恋愛はそろばんで言うところの3級くらいかと自分で思っとりますwww
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。