写真、短歌、日々の思ったこと。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年10月26日 (水) | 編集 |
広告代理店の敏腕クリエイター、佐久間俊介(藤木直人)。人生という名のゲームに自信があり自らを勝組だと考える彼は、大手ビールメーカーの30億規模のビッグプロジェクトを任されていた。全てが順風満帆、プロジェクトも最終段階という時期になって突然、有無を言わさず中止が言い渡される。

中止にしたのはビールメーカーのやり手副社長、葛城勝俊(石橋 凌)。彼もまた人生というゲームの勝者であった。彼は佐久間に対しこう言い放った。「私はゲームにはいささか自信があります。その私がプランを練り直す必要があると判断した。」

葛城副社長の愛人の娘で葛城家に引き取られた樹理(仲間由紀恵)と知り合った佐久間は樹理に狂言誘拐を持ちかけられ、自分に屈辱を与えた葛城副社長に、ゲームを仕掛けることを決意するのだった。

藤木直人と仲間由紀恵ですよ。これでは月9キャストじゃないですか。現実味なさ杉!そして二人とも演技力はどうなの?って感じです。でもそこはストーリーと脇を固める役者さんたちで見事にカバー出来ています。まあ二人ともビジュアル的には申し分ないですし、主人公の佐久間のマンションといい、生活観のない都会派映像美を目指したってのならなかなかの出来ばえと言えると思います。藤木直人さんには全く興味がなかった私ですが、クールな仕事ぶりと時折見せる笑顔のギャップに「かっこいいかも‥」と血迷いそうになりましたもん。あれですよ、あれ。冬ソナのヨン様がかっこよく見えたのと同じ。メイド服に萌えるのと似たようなもんです(笑)。

あ、そうじゃなくて感想ですね。いや普通に面白かったです。すっごく面白かった!とかもう一度見たい!!とかじゃなくて、なかなか面白かったと冷静に言えるくらい。ただの狂言誘拐話だけでないところがやるな、と思いました。原作は東野圭吾さんの「ゲームの名は誘拐」(←題名は野暮ったい感じ?g@me.の方がいいな)ということですが、この人の小説読んでみたくなりました。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。