FC2ブログ
写真、短歌、日々の思ったこと。
2006年11月09日 (木) | 編集 |
「手紙」東野圭吾
文藝春秋
¥620(税込)


泣いた。
息が苦しかったです。
両親をなくしてから弟を養ってきた兄の剛志は、弟の直貴にどうしても大学へ進学して欲しかった。体を壊し仕事が出来なくなった剛志は、お金を手にするべく強盗に入る。そこにたまたま居合わせた家人を殺してしまい、強盗殺人の罪で服役することとなる。

直貴のもとには、獄中から月に一度、兄から手紙が届く。しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに、「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる苛酷な現実を生きる直貴にとって、その手紙(兄との繋がり)はとても辛いものだった。

誰もが自分の幸せを願っています。それから出来るだけ人に迷惑をかけないように、周りの人を傷つけないように。でも人生には、大きなものから小さなものまで、割と頻繁に落とし穴が用意されているのです。そして一旦そこへ落ちてしまうと、どれだけ理不尽であろうが、割り切れない思いが渦巻こうが、受け入れなければならないことがあります。

この「手紙」は、その落とし穴でも最大級の、ブラックホールのような落とし穴にはまってしまった人たちの話のように思いました。

弟の直貴が人を殺したのではない。周りの人は良い人が多く、それを充分承知して、彼にも幸せになる権利はあると思っています。けれど正直言って自分は関わりたくない、自分ではない誰かがそうしてあげて欲しいとも思っているのです。

私には障害者のいとこがいます。私は幼い時からそのいとこと時間を共にする度に、差別をしてはいけない、体の良く動く私が気遣ってあげるのが当然だ、と思っていました。けれどその思いこそが差別なような気もしていたし、優遇されるいとこをズルイと思ったこともあるし、いとこを見ていて、正直自分が健康体で本当に良かったと思う時もありました。

それから、そのいとこには出来る限り幸せでいて欲しいけれど、自分から積極的に関わりを持つのは避けていたように思います。いとこやその家族を刺激するのも嫌だったし、一生懸命やればやるほどいとこを障害者扱いしているようにも思ってしまう。あれこれ考えた末、結局は少し距離を置いてしまう自分がいるのです。

人の「面倒なことに関わらないようにしたい」という気持ちは、きっと努力してもなくならない。どうしようもないことというのは、世の中に確実に存在しているのです。差別はなくならない。何かあるとすぐにされる側、する側になってしまうのです。

物語の中の、直貴の葛藤たるや、まるで終わりのない地獄の苦しみです。周り人たちの、人として助けたい思いと、それに反して差別してしまう思い。兄を許すということと、許せないという気持ち、被害者や社会から決して許してもらえないということ。

物語の最後は、終わりではなく、繰り返す苦しみの1つを終えたシーンという感じでした。あまりに大きな落とし穴に落ちてしまった人たちは、そこから出るまでに一生を費やしてもまだ足らない時間が要るのかも知れません。

この小説を読んで思ったのは、人って、真剣に生きようとすればするほど悩んで、迷って、だから変わってゆくんだな、ということです。

直貴も葛藤の中、状況が変わるその度に悩み、考えた末、変わってゆきました。最後のシーンも兄弟は絶縁したままでしたが、これからの変化を感じさせるようなものです。登場人物が皆それぞれ真剣に生きていたので、私はちょっと恥ずかしくなってしまいました。もっとちゃんとしなきゃ。

さて、来週映画(←音注意)を見るかどうするか・・・。
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
noaさんもはまると、そればっか!タイプですね~東野ワールドどっぷりじゃないですかw
私も基本はそうなんですけど、彼の小説はどれも結末がなんつーか、救いがない悲哀的なものばかりなんで、2冊連続でギブアップ。間にSFとかお気楽系を挟まないと、気分が重くなりそうです。元々推理小説とか殺人者にはまったことはなかったですし。
でもこの映画、映画館までは行かないけど山田孝之ってキャストがはまってそうだし、テレビでやったら絶対見たいなぁ。幻夜も映像化してくんないかな。
2006/11/09(Thu) 21:49 | URL  | Ravioli #79D/WHSg[ 編集]
■Ravさん
実は、先週水曜日のレディスデーに映画を見ようと思って、山田孝之が好きなので手紙にしようと思い検索かけたんです。したら原作東野圭吾って書いてあるしww。それまで知らなかったんですよ・・・。
来週の水曜に映画を見ようと思って急遽読みかけの本をほったらかして読みました。でも良かったですよ、これ。
最後のほう、まさにワタクシ T T <ぅう.. ←こんな顔でしたw
>noaさんもはまると、そればっか!タイプ
実はあまり作家さんを知らないだけという・・w
こないだ読んだ短編集で気にいった小川洋子、北村薫、三浦をしんの本も読んでみたいとは思ってるんですが・・・。
Ravさんのお勧めの作家さんっています?
2006/11/09(Thu) 22:05 | URL  | noa #79D/WHSg[ 編集]
>殺人者にはまったことはなかったですし
読み返したら変なこと書いてますねぇ。読み返せよ!ってかんじ。
>Ravさんのお勧めの作家さんっています?
オススメって聞かれると難しいんですよ。だって吉本ばななとか東野圭吾に似た万人ウケ作家の本読んでませんから。
学生のころにほとんど全作読んだのが三島由紀夫と筒井康孝ですね。最近でもまだ読んでるのが発行数の多さでは人間離れの栗本薫。グインサーガなんか110巻だし、かなりの気合がいるんでこれはオススメしません。図書館で1冊目を借りてみるって手もあるかな。かなり癖のある作家だし、好き嫌いあると思います。私もヤオイ系は苦手だし。でも魔界水滸伝とか化け物がいっぱい出てくる(笑)ようなSFって今でも好きです。そういやなんだっけ、宇宙対戦ものの。。。。田中芳樹の銀河英雄伝説なんかも一気に読破しました。この趣味キャラにないでしょ?(エラーでたんで、分けます)
2006/11/10(Fri) 23:11 | URL  | Ravioli #79D/WHSg[ 編集]
最近では何かの間違いで「へんないきもの」を読んでしまいました。気分転換にゲ~って気持ちになるのもたまにはいいもんです。(爆) 
オススメはしいて言えば、もう20年位前に読んだ栗本薫の「ネフェルティティの微笑」なんか入りやすいかな。名前忘れたけど外人作家の「フェアリーテール」って本も印象に残ってます。今どう感じるのか、もう一度読みたい本2冊です。
2006/11/10(Fri) 23:13 | URL  | Ravioli #79D/WHSg[ 編集]
■Ravさん
>殺人者にはまったことはなかったですし
私としたことが、ツッコミ忘れww
>グインサーガなんか110巻
む・・無理ww。じゃあ栗本薫はお勧めの「ネフェルティティの微笑」から入ってみようかな。
>田中芳樹の銀河英雄伝説
キャラ外れ!w。Ravさん、こういうのも読むんですねー意外。やっぱり興味深い人です・・・引き出しがたくさんありそうw。
私は田中芳樹は「アルスラーン戦記」を途中まで読みました。リアルタイムで読んでいたので次が出るのが待ち切れず、いつしか脱落・・・。最後まで読みたいんだけど、それには今までのを読み返さないと忘れてるから、ちょっと躊躇してますw。
三島由紀夫はひとかじりした程度、筒井康孝は読んだことないです。どっちも有名な人なので一冊はちゃんと読んでみないとですね。
お勧めたくさん書いてくれてありがとうございます^^。
2006/11/10(Fri) 23:37 | URL  | noa #79D/WHSg[ 編集]
こんばんは。
こちらの記事にも、コメントとトラックバックを失礼致します。
この長篇小説は、重い罪を巡る難しい題材であり、本書を読んでいる途中に何度も考えさせられる内容を持っていたと思います。
また遊びに来させて頂きます。
ではまた。
2006/11/16(Thu) 02:09 | URL  | たろ #79D/WHSg[ 編集]
■たろさん
こんばんは、TBとコメントをありがとうございます^^。
この小説は、今まで自分が味わったことのないような、でも一歩間違えば自分も味わうこともあり得る苦しみが充満していました。
世の中にはいろんな差別があって、濃いにしろ薄いにしろ人はその中で生きていくんですよね。重く深い話でしたが、読んで良かったです。
今後ともよろしくお願いいたします^^。
2006/11/16(Thu) 19:46 | URL  | noa #79D/WHSg[ 編集]
はじめまして!TBありがとうございました(^^)
私にも障害を持つ母がいるのですが、この作品は、色々と考えさせられました。
どちらかというと、映画のほうが救われるような作りではありましたが・・・。
こちらからもTBさせて頂きますね!
2006/11/16(Thu) 23:46 | URL  | 空 #79D/WHSg[ 編集]
■空さん
はじめまして^^。TBとコメントありがとうございます。
空さんには障害を持つお母様がいらっしゃるのですね。私も、障害者のいとこがいたということもありますが、自分の家が母子家庭だったということで先生から差別的発言を受けたこともあり、この作品で考えさせられる部分がたくさんありました。
空さんの仰るように映画のほうがだいぶ救われる感じだったと思います。それに小説でも映画でもそうですが、直貴は才能や容姿、周りにも少しは恵まれていたため、あれでもまだ良いほうなのかなという気もします。現実にはきっともっと暗く重い道を歩いている人たちが存在するんだろうな、と。
もしその人たちと出会うことがあったなら、自分はどうするべきか、何が出来るのか、いえ、出会わなくてもこちらから歩み寄るべきなのか、それとも危うきには近づかない方がやはり良いのか・・・答えはまだ見つかりそうにないです。
2006/11/17(Fri) 01:10 | URL  | noa #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカの出演で映画化された作品。山田孝之はTBSが東野圭吾の【白夜行】をドラマ化したときも出演しており、めっきり東野圭吾づいている。本書を読みながら「なんか【白夜行】っぽい」と感じ??
2006/12/06(Wed) 11:01:36 |  ぱんどら日記
*高校生の直貴と兄・剛志は、幼い頃に両親を亡くし、貧しいながらも仲むつまじく暮
2006/11/16(Thu) 23:47:36 |  空の「一期一会」
内容(「BOOK」データベースより)強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。弟・直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く…。しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに、「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる苛酷な現実。人の絆とは何か。いつ...
2006/11/16(Thu) 21:05:17 |  いつかのダイアリー
東野圭吾 著
2006/11/16(Thu) 10:34:16 |  Akira's VOICE
こんにちは。良く晴れた水曜日です。今日は、先日御紹介させて頂いた、2006年11月より公開予定の生野慈朗氏監督作品の 映画『 手紙 』 ( ‘06年 日本 ) の原作となった東野圭吾氏長篇小説について。『 手紙 』 東野 圭吾 ( 単行本 ‘03年 (株)毎日新聞社 )武島...
2006/11/16(Thu) 02:08:09 |  ** Paradise Garage **